青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 平成24年初護摩のお話し

平成24年初護摩のお話し

平成24年の初満月護摩をお勤めしました。
 年が改まりましたが、世界の状況に変わりはなく、極めて厳しい状況が続いています。

 振り返れば昨年は最悪の年でした。
 東日本大震災、原発の事故、台風被害、タイの水害、ギリシャ、スペインに発するヨーロッパの金融不安。
ドルの信認の著しい低下、未曾有の円高。世界中が行き詰り、出口が見えない不気味さ。年が改まっても状況は全く変わらないばかりか、更に悪化すると予想する経営者が多く、心配が絶えません。

 さらに震災と原発事故からの復興には途方も無い年月を要すること、このような激変の年を少なくとも私は経験していません。

 しかも現在、政治に力がなく、党利党略の明け暮れ、真に日本の将来を見据えた長期的視野の欠如。

 特に円高に対する危機感の欠如は著しく、既に事態は当たり前のようになりつつあることが恐ろしい。

 タイの水害であれほどに日本の企業が海外に流出していることを思い知らされましたが、この円高で産業の空洞化は一層進むと思われます。近い将来日本の経済基盤は根底から揺らいでいくのでは。

 世界に対し、ただ従順にこの事態を受け入れる日本の政治家。

 一方で橋下さんが大阪市長戦の最中、既存の全ての政党が反橋下であったにも拘わらず、当選後は、「てのひら」を返して支持にまわる定見の無さ。日本の政党とはこんなにもお粗末なのか。

 終戦後の窮乏に近い危機的状況に、今の日本はあると思います。

 この事態から脱却するのは、政治家や政府まかせでなく、戦後の復興を果たしたあの凄まじい情熱と力を、国民が再び蘇らせる以外道はないと思います。

 それに加えることは青不動尊のお力をいただくことです。

 東山山頂に、旧武徳殿「平安道場」の木造大建築を移築再建し青不動大護摩堂を建立することは、単に建物の保存ではありません。
 その場から仏教の教えが現実の世に具体的なよりどころとなるよう発信の拠点として行くことが、本来の願いであります。

 多くの国民が脱原発の思いを共有しているだけで、なす術がないのではないでしょうか。
 日本の将来は党利党略や、政治家に任せておけない段階に来ているように思います。
 
 そして様々な利害を越えて活動できるのは、宗教界ではないかと考えるようになりました。

 将来そのような活動の拠点に、例えば、脱原発の国民運動の拠点に青不動大護摩堂が役割をはたしていければと思っています。

今日の初護摩。
 ご参拝の皆様の今年の願いを成就するため、しっかりとお勤めいたしました。

 今夜の京都の満月すばらしくきれいです。
                                        慈晃 拝
                                     

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年01月09日 | No Trackbacks

コメント一覧

こんばんは。

新しい年を迎えましたが、私は、東日本大震災等の被災者の人達のことを思うと、「おめでとうございます」とは、なかなか言えない気持ちです。

ほんとうに、今の世の中は、厳しくて不安な材料ばかりですが、今年は、私達にとって、世界中のみんなにとって、良い年となりますよう、青不動様、どうか私達をお守りください。

迦楼羅|2012年01月10日

よくお参りし和歌を詠んでおりました。フェイスブックに「一燈照隅、万燈照國 於青蓮院入口」と記入しましたら、知行会檜木代表から、先生をご存じと書き込みがあり、お伺いする際には檜木の名前を出してよいから、とお勧めを頂きました。9日午前11時に日本電産を訪問いたします。午後1時過ぎから夕刻にかけまして先生のご都合のよろしい時間帯はございますでしょうか。3月に京都でアジアハーバードクラブの同窓会がございます。また所属する関西師友協会55周年記念講演会。6月に秩父宮妃殿下の母校でオバマ大統領のご息女2人が通うシドウェル・フレンズスクールの先生、生徒4人と主催する日米文化センター神田幹夫理事長がシドウェル日本文化日本語夏季講座で来日されます。後援は太宰治、森鴎外の菩提寺のある三鷹禅林寺で、住職とは25年来の交流がございます。ご指導賜ることができますれば幸いです。細部満 号:美鶴。日本ハーバードクラブ理事(4月就任予定)。関西師友協会会員。財団法人日本数学検定協会協会員。日本赤十字社青少年赤十字語学ボランティア(林敬三社長の通訳経験がございます。)伊勢一之宮大椿の社先代の山本宮司(ラバウル戦線2万人の生存者4人の一人)の通訳、ハーバード留学時「神」と揮毫賜る。)hosobe3260@cd6.so-net.ne.jp m.hosobe@su-gaku.com

細部 満|2012年02月08日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=189

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ