青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 7月護摩のお話し

7月護摩のお話し

今日は暑い中をお参りいただきありがとうございました。

先月下旬に中国の西安と敦煌に行ってきました。
西安には、大興善寺というお寺があります。
この寺は、天台宗にとって、また青蓮院にとっても極めて関係の深いお寺です。
天台宗第3代の座主の慈覚大師円仁さんが、遣唐使として仏教の教えを究めるため修行をしたお寺であり、青蓮院のご本尊の熾盛光如来や、密教関連の多くの修法の伝授を受けて帰国し、日本の仏教の礎を築く基になったお寺です。

来年1月14日は慈覚大師1150年のご遠忌にあたり、その後も伝教大師はじめ緒大徳の遠忌が続くため、天台宗では今年から10年間を大法会の期間として大法要を勤めてまいります。

そこで大興善寺にお参りし、円仁さんへの報恩のお勤めをしてまいりました。
ご縁があって滋賀教区の有志のご住職達と、書道の会の方々の一行となりました。

西安は歴史上は長安として、世界的に繁栄した都でした。
現在は人口840万人。巨大なビルが林立し、さらに建設途上の大建造物が随所に見られ、広い道路に車があふれ、町中は人でごったがえし、夜中に至るも喧騒が静まらない、異常な光景を目のあたりにしました。

しかし、円仁さんの在唐時に会昌の廃仏があり、近年では文化大革命の廃仏を経ていますが、大興善寺は厳然として存在し、境内は多くのお参りの人々で賑わいを見せていました。

ご住職とも親しく交流することができましたが、円仁さんが修行されたご縁を極めて大切にされていることを、短い時間でしたが、強く感じる事ができ嬉しく思いました。

敦煌はまさにシルクロードの出発地として、中国悠久の歴史の中に連綿として栄えたオアシスです。
西安から飛行機で2時間。まさに沙漠の中に忽然と存在しています。
殆んど雨がふらなくても標高6千メートル級の山から流れる雪解け水で、広大な畑が潤い、穀物や果物が豊富で、豊かな暮らしぶりとのことでした。

敦煌で一番有名な莫高窟に行ってきました。
巨大な砂丘の西の外れに大岩盤があり、その岩壁をほこら状に掘って仏像や、仏画が描かれています。
窟は何百もあり、まだ調査中です。巨大な大仏や大涅槃像もあります。

この圧倒的な遺産が語りかけてくるもの。

死を覚悟してシルクロードを旅し、無事帰国できたことに対して仏様への感謝の気持ちを
顕して制作されたとのことを聞いて、当時の人々の仏教への無垢なまでの篤い信仰、
そのひたむきさをひしひしと感じました。

玄奘三蔵が、敦煌を出発して命がけの旅によって、莫大な経典をもたらしたことも、
郊外の猛暑の沙漠にたつと、まさに信じ難いものして実感できました。

三蔵法師は唐の皇帝からも篤く敬われ、全ての漢訳経典が円仁始め遣唐僧によって、再び命がけで日本にもたらされています。

そして1千年を越える年月を経て、今があるわけです。

今、仏教を信仰してお参りをいただける、皆さんに、
そのように命をかけて伝えられた仏教であることを、お伝えしたかった。

また、それほどまでにして伝えられたことの重みを実感すると、
僧侶として日々の精進が究めて足りないことを猛省する次第です。

慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年07月05日 | No Trackbacks

コメント一覧

将軍塚を舞台にした歌を配信しています。http://www.youtube.com/watc...

古葉乃|2012年08月31日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=203

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ