青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 初めまして

初めまして

こんにちは初めまして
青蓮院門跡 門主 東伏見慈晃 と申します。
青蓮院では此の度 この7月より 青蓮院ブログ を始めました。
青蓮院では毎月、満月の日、午後2時より 青不動明王の月護摩供を修しています。青蓮院ホームページでその概要については一通りご紹介していますので、ここでは改めてご説明しませんが、今日 7月30日は満月で、恒例の月護摩供をお勤め致しました。お堂が手狭でご参拝者が30名ほどでいっぱいになってしまいます。
 護摩の修法に入ります前に毎回、門主からお話をしています。今後、青蓮院ブログでこの月護摩のお話を記して行きたいと思っておりますのでお読み頂ければ幸いです。そしてご興味がありましたらぜひ護摩供に参拝されますようおすすめします。
 
 7月護摩のお話

 『水からの伝言』 江本勝さんの125点の水の氷結結晶写真集を、たまたまあるところで目にして、興味深かったのでご紹介しました。雪の結晶はなじみ深いですが、水を氷らせてその結晶を写真にしたものです。日本や世界の銘水がきれいな結晶で写されている中で、東京、ロンドン、パリの水道水は結晶していません。
淀川や、琵琶湖の水もそうです。興味深いのはモーツアルトやベートーベン、川の流れのように、などを聞かせた水の結晶は美しいのです。そして人の心の状態を表した言葉、ありがとう、愛と感謝、しようね、等を聞かせた水の結晶はそれぞれ美しい結晶になり、逆に馬鹿野郎、むかつく、殺す、きたない、しなさい、などはどろどろとしたものに写っています。これが本当ならすごいことだと思います。人の思いというものがいかに強く、また大切なものか、目に見えた形で表わされています。
 胎教が大切と昔から云われています。最近はモーツアルトが良いそうですね。胎内の我が子にやさしい言葉をかけ、良い音楽を聞かせることが大切なことが、この水の結晶のことを考えると本当に頷けます。家庭内暴力等で不幸にも夫から、母胎が暴力や罵声を浴びたなら胎児の段階で深い傷を負ってしまうのではないでしょうか。
 普通に私達の生活の中でも、自分の発する言葉が人を傷つけているかも知れません。
 良いことを思うことと、悪いことを思うことが、こんなにも違いとなるのだと思います。
 護摩のご祈祷の最中にそれぞれのご自身の思いを込めて祈っていただき、私は皆さんに代わってお勤めいたします。皆さんはこの水の結晶が表しているように、良い思いを込めてしっかりと思いを込めていただきたい。祈っていただきたい。良い思いとは、常に護摩供の時に申し上げていますが、出来るだけ自分だけのためでない、誰かのためになるように強く思っていただきたいのです。難しいことですが。
 他にも色々申し上げました。ご興味のおありの方は一度ご参加下さい。     
 
 

カテゴリ: 門主のお話 | 2007年07月30日 | No Trackbacks

コメント一覧

門主様

 今晩は。初めまして。青湖と申します。双林寺和尚様のブログからこちらを知りました。

 門跡と云うお名前だけでちょっと引いてしまっておりました私ですが、門主様のブログを拝読させて頂いて、温かいものを感じました。

 また時々、お邪魔させて下さいませ。

 失礼致しました。

青湖|2007年08月01日

ありがたいお話をありがとうございます。春に拝観させていただきました。夏にも伺って涼を体感してみたいと思いました。そのときには写経を体験したいと思っています。

みつよ|2007年08月03日

はじめまして。たいへんありがたいお話を
紹介してくださり、ありがとうございます。
これからもブログを楽しませていただきます。
春に拝観させていただきましたが、この暑い夏の時期に【涼】を体感してみたいと思っています。

Mi|2007年08月03日

はじめまして。
「京都検定」のために勉強をしておりまして、ネット内で画像を拝見したくて色々と飛んでおりましたら、こちらの素晴らしいHPに辿り着きました。本当に感激です。頭に焼きつきました。ありがとうございました。

tmama|2007年08月06日

北海道から京都旅行に行くので、時期的に夜間拝観を・・・と考えていたのですが、一日違いで見れません。

せっかくなので是非拝観したいです。
青に光るライトアップ・・・見たいです。

10月26日(金)からに変更できないでしょうか?

お願い致します。

ALLY|2007年08月18日

初めてお護摩に参加させていただきました。門跡寺院ということで、緊張していったのが、又、行かさせていただきたい。と思い帰ってきました。ご先祖さんも久しぶりに青蓮院に行く事が出来、喜んでみえると思います。8月のお護摩はお葬式で行けなくなりました。又、次回に行かさせていただきます。
小島庄は、和歌の中で、「おしまの里」と都をなつかしんで歌われているそうです。誰の和歌だったかと今探しています。

粟野 美幸|2007年09月05日

 京都に行く度にお参りさせていただき お庭を眺めてゆっくりと時が流れ・・・その中でお抹茶をいただく心地よさを楽しんでおります。ありがとうございます。
今月は夜間拝観に参ります。とても楽しみです。

ようこ|2007年11月12日

最近、京都に旅行へ行った際にお参りさせていただき、ネットで青蓮院を検索したところ、このブログを発見いたしました。
まだ全て見ていませんが、これから読ませていただきます。

mama|2012年05月22日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=9

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ