青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ

10月護摩のお話

 10月の満月護摩にお参りいただきましてありがとうございます。

 今日は皆様に良いお知らせがあります。

 去る10月9日、東山山頂の将軍塚に青不動大護摩堂を建立するに当り、京都市の許可の内、最後となっていた風致課の許可が正式に下り、着工が可能となりました。

 お堂の名称を、京都東山 青不動 「青龍殿」(せいりゅうでん)と命名いたしました。

 青は、青不動さまの青であり、青龍は、青龍、白虎、朱雀、玄武 の青龍で、京の都の東山に当たります。これはまさに将軍塚のあたりになります。また青蓮院の青の意味も込めています。

 竣工を来年の9月末、落慶大法要を10月4日に行う予定です。
それから3ヶ月間平成26年12月中頃まで、青不動のご開帳を計画しております。

 過去に何度かお話ししていますが、この事業は、戦前の大日本武徳会の京都支部道場の「平安道場」であったものを解体移築して、大護摩堂として保存再生する事業です。

 この建物は、奈良の大仏殿の横幅半分ほどの大きさの、木造総ヒノキ造りの大武道場です。

 戦後マッカーサー占領後、建物は取り壊しを免れ、京都府の管理下におかれ、京都府警の警察官の柔剣道の道場として長く使用されていました。しかしながら大分以前から雨漏りの手当てが悪く損傷が顕著となり、結局、京都府は破棄処分としてしまったため、保存運動が起きていました。

 ところがこの保存運動が暗礁に乗り上げ、縁があり私の方に話が回ってきました。現物を専門の先生と一緒に見たところ、木造大建築の文化財級の建物で、破棄することはあまりにも惜しいと感じました。
 またマッカーサーが壊さなかったものを、日本人の手で捨ててよいのか。それも武道というもっとも日本の精神を顕す舞台であったわけで、その精神を踏みにじるものとも思えました。

 青蓮院では、本物の青不動さまをおまつりするお堂の建立を、東山山頂の飛び地境内、将軍塚に計画しておりました。
 それだけであれば、それほど大きな建物は必要ないのですが、なんとかこの大武道場の建物を護摩堂に活用して保存しなければとの強い思いに至りました。

 想像以上に大きな建物で、移築再建には数々の難問題が続出でした。

 大きく2つの問題がありました。
1つには建築資金7億円の内、3億円が不足すること。
2つには東山山頂将軍塚の場所が京都市の建築許可取得が殆んど不可能な場所であったこと。

 お金については、多くの方に趣旨を説いて不足額3億円の寄進を仰ぐことにいたしました。
 営利目的ではないので、銀行からの借り入れが無理なためです。
ご寄進は現在目標の80%まで行っておりますが、いま少しのところですので何卒ご協力の程、お願い申し上げます。

 2つめの京都市の許認可が、最大の難関でしたが、平成23年1月、東日本大震災前に2年越しの交渉で、建築許可をいただいたため、直ちに建物の解体、部材の運搬を終了しました。
 平成23年には工事にかかれる予定でしたが、許認可の新たな解釈でストップとなり、徒に2年の歳月が流れました。
 さらに今年の7月には、景観上の指摘が浮上して6ヶ月に亘って決裁が引き伸ばされたのです。

 此の度の10月9日の許認可で、ぎりぎり来年秋の落慶に間に合うことにはなりましたが、突貫工事を強いられることになりました。

 京都市は建物保存の趣旨に理解を示していただき、平成23年1月、許可が下りました。
 それでも2年の歳月を必要としましたが、その時は本当にありがたいと思いました。

 しかし、それから2年6ヶ月。次々に問題を提起され、どうしてこんなにも時間がかかるのか。
 私は行政にたいして、やり場のない憤りを抑えることができなくなりました。

 最近では2度も、座り込みを覚悟で、担当部署の幹部にお願いにあがりました。

 私はこの事業にとりかかった始めから、利害得失を超えて、私がやらなければとの強い思いで取り組んできました。

 私がやらなければ、この建物はいずれ破棄されたことでしょう。
 
 私は保存再建は、私の個人的な趣味の問題ではなく、この話をいただいたときから、お不動さまのお導きだと確信しました。

 4年6ヶ月の京都市との折衝に、耐えてこれたのもお不動さまのお力です。

 しかしながら許認可権を傘に、不許可もありうるという不安感をいだかせながらあまりにも不当な要求が繰り返され、最後には私は限界を超える状況でした。
 そのような時もお不動さまに手を合わせ心を鎮めてきました。

 そして本当にぎりぎりで間に合ったのは、やはりお不動さまの大きなお力だと思います。

 どうか来年10月4日以降、落慶なった「青龍殿」で青不動さまを拝んでいただきたいと思います。

 何事も強い成就への願いがあれば、そして青不動さまのお力をいただいて、必ず結実に至る。
 この思いを今ほど強く感じることはないと思います。
 皆様もそれぞれの願いや、思いをしっかりと青不動さまにお願いし、最善を尽くして頑張って下さい。

                                慈晃 拝

カテゴリ: 門主のお話 | 2013年10月19日 | コメント(1) | No Trackbacks

9月満月護摩のお話し

 中秋の名月。すばらしいです。

 特に京都の東山に上る満月は一幅の名画ですね。

 今日は旧暦の8月15日と満月が重なった特別の日のようです。

 先日35年前に打ち上げられたアメリカのボイジャー1号が太陽系宇宙の外に出たとの報道がありました。プルトニュウムの崩壊熱を利用した電源で2020年までデータを送ってくるそうです。

 冥王星の側を通過したのはずっと以前のことで、なんと時速6万キロのスピードで35年間飛び続けてやっと太陽系以外の別の宇宙との境の広大な空間に出たそうです。

 時速6万キロといっても実感できませんが、新幹線が時速300キロとして、そのスピードの200倍です。その速さで35年間飛びつづける。想像できない無限大の広さ。

 仏教では、無量(はかりしれない、数えることができない)であるとか、不可思議(考えられない)と、捉えています。

 無量、不可思議の中で我々はなんと小さい存在か、また人生も瞬時に消える泡のようなもの。

 でもだからこそ、この一瞬一瞬の命を大切に、また他の人のことも大切にしようと説いています。

 1人1人は一瞬の命でも人類は過去の一瞬一瞬の人の力を積み上げてとうとう太陽系宇宙の外に出たんですね。これはすごいことだと思います。

 しかもそこには、太陽系宇宙の外を調べたいとう強大な思いが出発点でしょう。

 この強い思いこそ、最後に成果や成就につながるのだと思います。

 いかにしっかり思うことが大切か、ご自分のお仕事や、健康のこと、直ぐ近くにいる人との様々な関係。も同じことです。それらをどう乗り越えるか。それはご自身の気の持ち方一つ。

 しっかりと前向きに、思いを強く具体的に実行していく。そのことが全てを解決していくと思います。
 宇宙の外を調べたいという大きなことが実現できたのも、そのことに関わった人々の強い思いの結晶でしょう。

 お不動様のお力をいただき、つまり自分を超えた大きな力に委ねながら、精一杯自分の思いを強くすることだと思います。

 2020年東京オリンピック実現でも、大きな力が結集していった結果だと思います。

 先日打ち上げられたイプシロンの成功もそうですね。

 しかしながら、2年半を経過しても、大洋に垂れ流される放射能。
未だに避難を強いられている29万人の人々。
 福島の放射能をのがれている人々が自主避難の人を加えてどの位の数になるのか。
 10万とも20万とも。正確には把握されていないと思いますが。

 東電の責任だ、政府の責任だ。理屈や責任逃ればかりで2年半が過ぎました。
 本当にしっかりと、なんとか解決しようと強い思いで協力に推進して欲しいものです。

 私が1人でいくら思っても変わらないと思います。
 多くの人の強い思いが結集すれば動かせると思います。

                              慈晃 拝

カテゴリ: 門主のお話 | 2013年09月19日 | コメント(1) | No Trackbacks

8月護摩のお話し


 猛暑がつづいております。
8月の満月護摩、本当にこの暑い中、ご参拝ありがとうございました。

 これから護摩のお勤めをさせていただきますが、多分50度を超える熱さと思います。祈願の皆様のために気持ちを一段と引き締めて厳修いたします。

 最近のテレビは熱中症対策ばかりですね。
 その中で男性の日傘の必要性が云われています。戦前は結構定着していたようですが、今はまず見かけないと思います。私は以前から男性も日傘を使うべきだと思っていましたが、誰もやっていない中で使うのは大分抵抗があります。

 そもそも男性は女性より強いから日傘なんか、必要ないというのが常識なんでしょう。
 私は女性の方が男性より強いのではないかと思います。その証拠に平均寿命は女性の方が長生きですよね。

 最近子供たちから、私の誕生日に日傘兼用の携帯傘をもらいました。それでこの夏、勇気を出して使おうと思っていましたが、いざ出かける時に、その傘が家の奥に置いてあって、外に出て強い陽射しの中で、忘れてきたことに気がつくことが続きました。

 ようやく夏も終りに近づいた最近になって、やっと使ってみたのですが、やはり必需品ですね。想像以上に効果があります。
 女性は自分達だけ良い思いを今迄していて、男性に何故勧めないんでしょうか?

 8月は熱いだけでなく、この熱さの中でいつも深く思うことがあります。

 8月4日は、天台宗では比叡山で、世界の宗教者の代表が一同に会して、世界の平和のために互いに協力し合い、共に祈る「平和の祈り」を開催しています。
 にも拘らず、世界中で紛争や、戦争、殺戮、が繰り返され、飢餓や貧困、が絶えません。

 6月23日沖縄全戦没者追悼式典で、沖縄与那国町の小学校一年生の朗読した平和への願いの詩。「へいわってすてきだね」に感動しました。
 小中高校から1690点の応募の中からただ1人、この4月に一年生になった安里君が選ばれました。
 美しく、長閑に、ゆったりと流れている与那国島の自然と共にすごす、友達や家族、学校のことを記して、これからもずっと平和が続くように、「ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ。」で結んでいます。

 私はこの詩がすばらしくて、翌日の新聞で全文が紹介されていましたので、切り抜いて持っています。
 今日はご参拝の皆さんに読んで聞いていただきました。

 改めて終戦の末期の悲惨な沖縄のこと、この暑さの中で噛みしめました。

 広島のことも終戦のことも、同じです。

 昨日、映画「終戦のエンペラー」を見ました。アメリカの目線で描かれていますが、どうしようもない日本の過去の状況を、そして犠牲となった多くの命のことを改めて深く思いました。

 16日は関西ではお盆のご先祖の精霊を彼岸に送る、五山の送り火でした。青蓮院では五山の見える東山山頂の将軍塚で精霊をお送りする法要を毎年お勤めします。

 8月はこの暑い中で、命のこと、生を受けている自分の大切な命のことを強く思わざるを得ません。
 皆さん、それぞれの自分は、両親のそのまた両親のそのまた両親と、広がっていく無限の連鎖の頂点にいるかけがえのない存在です。
 そして自分以外の全ての人も同じようにまた尊い存在。
だからこそ、それぞれが生かされている自分に感謝して、今をしっかりと生きていかなければと思います。

 それは自分を離れた仏様、神様から見えざる力をいただいていると思います。

 お不動さまのお力に委ね、自分以外の人達にどれだけのことがして上げられるか、

 ぼくもぼくのできることからがんばるよ。

                   慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2013年08月21日 | コメント(0) | No Trackbacks

7月護摩のお話し

7月護摩のお話し

 本当に一ヶ月のたつのが早いです。

 今日はとても暑い日になりました。その中をご参拝いただきまして誠にありがとうございました。

 将軍塚、東山山頂の大護摩堂建立の事業はいよいよ大詰めの段階ですが、まだ京都市当局と最後の認可をいただくための手続きが難航しています。

 ほぼ最終段階に達していたのですが、あたかもまた振り出しに戻るようなご指摘がありました。
 行政はもっと市民の側にたって徒に問題を引きずらないで欲しいです。

 我々は行政の手の中で「もてあそばれ」ている感じです。

 これは地方行政の話ですが、国の許認可でも同じか、もっと深刻なのではないでしょうか。

 諸外国と対当に戦っていくために、この行政の必要以上の介入はどれだけ競争力を損なっているか計り知れません。

 私は日本人の勤勉性と従順性、忍耐力によって辛うじて、官に従う体制が維持されているのだと思います。

 ロシアのモスクワとサンクトペテルブルグへ行って来ました。

 サンクトペテルブルグはロシアのモスクワに次ぐ2番目の大都会です。
 帝政ロシア皇帝のピョートル大帝が建設した、冬の宮殿が有名なエルミタージュ美術館となっています。所蔵品は400万点。

 また郊外の同皇帝夏の宮殿は噴水の巨大な宮殿です。別の場所のエカテリーナ宮殿の壮大さも劣らぬすばらしさでした。

 そして都の広大な地域が当時のままに石造りの巨大な教会や建物で埋め尽くされています。

 しかもそれらの大部分がドイツ軍の攻撃で破壊され尽くされたのです。
 それらの記録写真が展示されていました。

 驚くべきことはそれらが全て完全に修復され、元通りに復元されていることです。まだ復元最中のものもあります。
 共産革命であっても、帝政ロシア皇帝の遺産を保存修復したんですね。

 京都に戻って愕然としました。
 あまりにも何も残っていない。

 京都はほとんど無傷で終戦を迎えた筈でした。
いま京都は、日本人の自らの手でほとんど全てを破壊してしまったのです。

 いま青蓮院が東山山頂に移築再建しようとしている、木造大建築(奈良の大仏殿の横幅約半分)は総工費7億円ですが、彼等の復元再現した建造物群の圧倒的な量と水準の高さと比較すると眩暈がするほど矮小です。

 その建物すら、京都府が廃棄処分としていたのです。
 ひたすら、レベルの低い経済合理性の考えのもとに。
 
 青蓮院ではまだ不足の資金を勧進中でございます。
 どうぞご理解ご協力賜りませんでしょうか。

 もしアベノミクスで資金にご余裕がお出来になっていらっしゃる方でございましたら、そのほんの一部でもご寄進いただけませんでしょうか。


お振込み口座名義

みずほ銀行 京都中央支店
普通預金 2118743
(宗)青蓮院門跡 (しょうれんいんもんぜき)

 なお本日護摩にご参拝いただいた方々にはこのお話しをしていません。
 護摩の皆さんには先月お話しした、医学無用論の本のことを、仏教と医学について私の思いをもう少し詳しくお話ししました。念のため申し添えます。

慈晃九拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2013年07月23日 | コメント(0) | No Trackbacks

6月護摩のお話し

6月護摩のお話し

満月護摩にお参りいただきまして有り難うございます。

台風一過気持ちの良い護摩日和となりました。

少し前に読んだ本のことをお話しします。

新聞に広告が大きく出ていて興味があって購入しました。

著者 内海聡(うつみ さとる)さんの『医学不要論』という本です。

前々から私自身思っていたことと、非常に近いお考えを書かれていて、まさに我が意を得たりとの感を深くしました。内海さんは内科の若手現役医師であることが一層本書の説得力を高めています。

何か病気の症状が出たら、我々は躊躇なく医者や、病院に行ってそこの先生の指示に従うことにあまりに従順ではないかと思います。

本書で主張されていることの根本は、西洋医学の目指すところは、その病気の症状を科学的検査で徹底的に調べたとしても、おおよそどの医師にも当てはまることですが、治療方は、ひたすらその症状を和らげる薬の投与、つまり対症療法がメインである。と。

その症状が起きた原因を調べて、その原因を取り除くことが、本来の医者の本業にも拘わらず、残念乍、そのような診療は殆んど見受けられないと云っておられます。同感です。
そして多くのケースで医者はその原因さえ分かっていないのだと書かれています。

現在の西洋医学は、ひたすら対症療法であって、しかも多くの場合「薬」を処方するだけです。

ところが本書ではその薬がどんなに危険なものであるかを、事例をあげて記しています。

たまたま今日の京都新聞に、厚労省が食品添加物のアルミ規制との記事がありました。

菓子パンやケーキの一部に添加物として含まれるアルミニュームに関し、許容摂取量の基準値を設定して規制する方針を固めた、と報じられました。多量に摂取すると腎臓障害を起こしたり、本書の別の所では、認知症になるとの研究も書かれています。

さらにアルミニュームは胃薬に極めて多く含まれていてそれは、WHOの基準を大きく上まると指摘されています。

胃がむねやけや、潰瘍の痛みを発するのは、身体の異常を知らせている信号なのだ、原因を調べてくれとの発信である。それを無視して胃薬を飲むのは何等根本解決ではない。
ましてやその胃薬にアルミニュームが相当量の%で入っているとすれば、結果は悲惨なものがあると述べておられます。

著者は結論として、健康でいるためには、医者にかからず、病院に行かず、どの薬も危険があるので、極力薬を飲まず、そしてその原因を正す食事療法や生活習慣の改革によって、人間が本来持っている治癒力に委ねるべきであると云われています。

癌の対処療法である、放射線、抗癌剤は結果として、その人の持っている寿命を縮めている。

そして、体内から毒を排出し、体外から毒(薬や抗癌剤など)を入れない。
これが健康であるための処方箋であると云われています。

私はこれに加えて神仏に祈ることが非常に大切であると思っています。

祈りは自分を越えたものです。病気の原因を取り除くといっても判らないことの方が多いと思います。
判らないことを越えること、自分を越えた存在、つまり宇宙にも似た大きなものに身を委ねることだと思います。

そしてその大きな力を自分の中に取り入れる。インプットすることで、分らなかった原因にふと気がつくこともできる。
良いもの、大きなものを入れ、毒を入れず、毒を出す。

著者は宗教はきらいだが哲学的にものを考えるのはキライではないと最後に書かれていますが、
私は著者の云う哲学的にということは、宗教の領域に接していると思うのです。

そのような思いを込めて、ご参拝の方々とお不動様の護摩をお勤めしました。

カテゴリ: 門主のお話 | 2013年06月24日 | コメント(0) | No Trackbacks

<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ