青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ

9月護摩のお話

暑い中、遠近を問わずお参りいただきまして本当にありがとうございます。
9月の満月護摩です。

この暑さの中で火炎が天井近くに上り、私も火傷しそうな暑さに耐え、修行させていだたきます。

昨日9月11日は、新聞、テレビ等で多くの報道がありましたが、東日本大震災から6ヶ月。世界を震撼させた911
米中枢同時テロから10年を迎えました。

東日本大震災は、10日のNHKスペシャル「追いつめられた被災者」で報道されましたが、6ヶ月たって、瓦礫は大分かたづいたようですが、深刻な大きな問題を抱えたままです。

石巻の取材では、仮設住宅にも避難所にも入れない人が、全壊指定を受け壊れ掛かった自宅に戻って、電気、ガス、水道の無い暮らしを強いられている。

仮設住宅はへんぴな山手にあることが多く、自家用車を持っている人はいいが、持たない人は買い物や学校にもいけない。バスの運行は、行政や、バス会社の都合でいまだに目途がたっていない。空き家状態が続いている。

大船渡市では高台移転の大計画が、国の財政支援が決まらず宙に浮き、待ちきれない人がそれぞれ行動を起こしてしまう。

避難転居者8万3千人のうち、原発の避難地域の人が5万人。

南相馬では中小企業が地元からどんどん出て行ってしまう。本当にどうなるのかと工場の経営者。

戻るための放射能徐染も国がやるもの、市町村がやるもの、いづれも非常に遅れている。

独自に戻って家をガイガーカウンターを持って計測しながら徐染していた人が、自分1人では限界、今の状況では子供達を家に帰せないと絶望している。

5万人の人の絶望感。

やるべきこと、その方針、そして実行する予算を素早く出さなかった政治のあり方。
人智を越えた天変地異はやむを得ない。ただその後のことは何とかしなければ。
例えばバスが直ぐに走らないことを、うやむやにしないで、この不合理に甘んじない声をもっと率直に大きく。被災された人々も黙っていて欲しくない。おかしいことをうやむやにせず。
やらない政府と政治。甘んじる被災者。
でもどうしてこんなにオカシイままなのか。日本は。

911から10年、アメリカはテロ報復のため、アフガン、イラクで膨大な戦費を費やし国が疲弊。
6千人超の兵士が犠牲。総額1兆3千億ドル(約100兆円)を投じた。
東日本大震災の復興費が約30兆円とすると、その巨大さが分かる。

その結果が低迷する経済と膨大な財政赤字。国債の格下げ。未曾有のドルの暴落と円高。
まさにアメリカの尻拭いを強いられる日本。

そもそも911は何故起きたか。突然起きた分けで無く、積年のアラブ諸国の米国への恨みが背景。
アメリカが世界制覇の過程で犯した過ちの代償と思う。

この過ちは、アメリカが日本の侵略から自国を防衛するとして、原爆を投下してまで徹底的に日本を殺戮殲滅した対日戦の
過ちと共通すると思う。

ようやく立ち上がった日本を今度は円高の嵐で襲い、自国を防衛しようとしているのが今のアメリカであると思える。

アメリカの潜在的国力は日本とは比較にならないほど大きい。
無駄な戦争をやめ、国力を高める事に専念することを、日本の政財界のトップはアメリカに迫るべきと痛切に感じていますが、全く思うようには行かない現実。為替介入など小手先でしょう。

東日本大震災。911に始まったアメリカの疲弊。 共通したこの絶望感。

青蓮院のご本尊熾盛光如来は天変地異の鎮静、国の安泰、皇室の安寧をはかるお力があり、青不動さまは
そのご本尊の化身。

この云いようのない絶望感の中で、今日ほど一心にお不動さまに願い、祈らなければと感じたことはありません。

皆さんとご一緒にしっかりと祈りましょう。

カテゴリ: 門主のお話 | 2011年09月12日 | コメント(1) | No Trackbacks

8月護摩のお話

猛暑の中、お参りいただきましてありがとうございます。

明日は8月15日、終戦記念日です。この暑さでこの日のことを考えてしまいます。
8月4日は比叡山で世界の諸宗教の代表者が集まり恒例の平和の祈りと平和へのメッセージを唱えました。

最近ある方に薦められて、ヘレン・ミアーズの著作、『Mirror for Americans: Japan』 (アメリカの鏡・日本) を読みました。

彼女はマッカーサーの日本占領時のスタッフとして派遣され、46歳で戦後日本の労働基本法の策定に携わった人で、48歳の時に本書を著わしましたが、マッカーサーから日本での翻訳を禁止されました。

何故マッカーサーが発禁に? これはお読みになれば当然分かりますが、ここまで日本を公正に分析した人が女性の、しかもアメリカ人であることに驚かされました。

小さい字で書かれた400ページ。極めて多くの引用や、詳細な脚注、膨大な資料に基ずき事実を誇張もなく実数で確実に記し、大げさな言葉による誇張は一切なく、云わんとすることを強烈に伝えています。

私は読み進む内に、日本人の、特に戦争を知らない若い世代の必読の書であると思いました。
終戦の日、私は敗戦の日と呼んでいますが、明日にこの日を迎えて、何故日本は戦争に向かったのか、そして何故、根こそぎ徹底的に敗れたのか。日本の進んだ道は、何故、アメリカ人達、この達には、イギリスやフランスを含めた西洋人達の意も含まれているようですが、これらの人達の鏡が日本なのか。

彼女の透徹した日本人、日本そのものへの理解の深さを知り驚かされました。

日本が何故泥沼の戦争に入り込んでしまい、広島、長崎、そして占領による洗脳となったのか。

彼女は、全ては(アメリカの)ペリーの黒船による不平等開国から始まったと記しています。
日本を半植民地化する西洋強国の強大な圧力は、それは生麦事件、長州事件を通じて後の新政府の首脳に強烈に叩き込まれた。と記します。

日本の乏しい資源、その中で自給自足してきた江戸時代までの日本は、米を経済の中心に据えた、乏しい中で、「足るを知る社会」であった。足らないところを茶の湯、生け花、和歌 等の精神的なものに求めたと記しています。

肝に命じられた明治新政府は、西洋列強に植民地化されないために、富国強兵政策を強行。
しかし西洋列強に負けない軍備と国力は乏しい資源では無理。従って全てを輸入に頼るが、そのためには輸出に依存せざるを得なかった。しかしアメリカの関税は生糸を除き殆ど100%から、200%と極めて高率であった。日本の血の滲む努力。

そして日本の底力は、日清、日露戦争に勝ち、第一次世界大戦では勝ち組みに組した。
この辺の詳細な記述があります。

日露戦争のもたらした西洋列強へのインパクトは極めて大きく、日本は有色人種で初めて五大国に列せられた。1931年までの日本の成長はまさに西洋の先生から卒業証書をいただいた段階となった。
それは西洋列強の写し、つまり鏡であった。

しかし1931年の満州事変が大きなミステークであった。
それでもその後の10年は、事態を収束できた可能性があったが、不幸にも日本は判断を誤った。

その後の列強は、日本を徹底的に潰す方向に一致し、それはロシアのしたたかな動きをイギリスも牽制しないほど過酷なものとなった(ヤルタ会談)。原爆投下もその延長の1つ。

しかし彼女は、この書で原爆投下はアメリカの犯罪だと明言しています。
日本が終戦の3ヶ月前、既に飛ぶべきゼロ戦も、燃料も、パイロットも無く、主要な都市は焼け野原となり高射砲はB29の高度に達することができない状態の中で、何とアメリカは、B29を1000機保有していた。
原爆投下は戦争終結のために絶対に必要ではなかった。日本は既に壊滅状態だったのだと。それも原爆は無差別に市民を殺戮した。
アメリカ政府は、この戦争は自衛のための戦争だと、アメリカ市民には云っていたが、自衛とは相手を殲滅することなのかと。彼女は厳しく記しています。

皮肉にも、占領後、あまりの日本の疲弊は、俄かに問題となり始めた共産主義の脅威の前に日本を前哨基地にするという、新たな役割と思惑から方向転換をせまられた。

彼女が云うことを役だてるとすれば、ペリー襲来から始まった日本の富国強兵政策は、日本が真の独立を確保するための最低条件であったが、資源のない日本はそれを維持するために、西洋列強との利害を巧みに使い分け、日本単独では不可能なことを肝に銘じなければならない。

彼女が今、存命であれば、日本は戦後、独立し、高度成長を遂げ、世界に再び認められていても、依然として残る米軍基地、地位協定 米国製の原発の導入、日本国憲法 固有の北方領土さへ認められないというこの事態は、真の独立国家ではないと彼女は云うと私は思います。

そしてこの異常な円高も、アメリカの利害を座標軸においた、ペリーから始まるアメリカの世界戦略ではないかと、私は思います。

このまま円高が定着すれば、日本の産業は空洞化して、雇用は深刻な事態を招くでしょう。
日本の存亡にかかわる深刻な問題のはずです。

敗戦の日を前に、政治や経済の中枢にある方々は、日本の行く末について、もっと真剣に、もっと深読みして、対処していただきたい。 

日本はアメリカに対して、利害ある国と結託して、巧みに戦う必要があると思います。

戦後は遠くなっていない。
皆さんにも大いに関係のあることだと思い、あの敗戦の日に思いを致し、お護摩を勤めます。

カテゴリ: 門主のお話 | 2011年08月14日 | コメント(3) | No Trackbacks

7月護摩のお話

暑い中ご参拝いただきましてありがとうございます。

暑さも修行の内です。こうして暑い中ご参拝いただいたというご熱心なあなたのそのお気持ちが、お不動様のお力をいただけると思います。

改めて東日本大震災の一日も早い復興を皆様と共にお不動様に強く祈ってまいりたいと思います。

震災後4ヶ月が経ちました。

関東大震災の後の復興は後藤新平が1ヶ月後には、強力な復興体制を敷きました。

神戸の地震の後でも、4ヶ月後には、鉄道は全て復旧し、突貫作業で復興に邁進していました。

私は原発の将来のありかたを議論する暇があったら、政治は全力を傾注して震災の復興に専念すべきと思います。

もう1つは福島の被爆の対策を、チェルノブイリを参考にもっと、あらゆる角度から徹底的に、隠蔽せず、しかも迅速に
行うことを、強く望みます。

原発の将来のことは一国のエネルギーのありかたですから、卒原発であっても、やり方や時間の掛け方等、国の経営全体に拘わる極めて大きな問題であり、十二分に議論がいるでしょう。辞める間際の総理大臣が思いつきで云うべきでないと思います。

千年に1度の大地震が、今年や来年に、或いはここ2〜3年の間に、ぼかすか日本中で続いて起きる訳がありません。
もっと腹をくくって、政府は今一番先にやらなければならないことをすべきです。

目先の人々の生死や、生活の掛かった復興を死に物狂いで進めて欲しいです。

そしてもう1つ。
チェルノブイリはベラルーシで事故後25年を経ても、被爆との永い戦いは、まだ始まったばかりとのことです。
25年必死に対策をとってきても、その位まだやることが残されているということです。
その位被爆の問題は深刻だということです。

永久に立ち入り禁止区域が約50キロ、その外でも日々食べて良いもの、食べてはいけないものがリストアップされ、被爆の数値の測定、生活のすみずみにチェック体制が敷かれ人々が管理下に置かれ、ロシアとの戦争に継ぐ第二の苦しみの戦争下にあるそうです。

福島は極論すれば、状況は似ているのです。政府は何故真剣に対処しないのか。被爆の牛肉が出回ったと云えば、そのことだけ大騒ぎ。

私は福島の方々が集団で難民となって東京に向かう位しないと、政府は動かないのではないかと思っています。

とにかく権力をもっている人。その職務上の力を持っている人は、しっかりと職責をはたし、逃げないで欲しい。
やることが出来る立場の人がやらないことの罪がいかに大きいか。

日々の生活。我々自身、小さな市民のやっていることは本当に小さい。でも小さいながらもそれぞれご自身の置かれた立場があると思います。
その範囲で出来る限り、自分のやるべきことをやりましょう。
欲をいえば、その上で自分のためだけでなく少しでも人のためになることに力を出していきましょう。

おかしいと思うことにもっと敏感になって、テレビの評論家や、マスコミの流れを鵜呑みにしない。自分の心に正直であるよう勤めたいものです。

おかしいと思うことを、声をあげ、その輪を拡げましょう。

それが仏教の教えです。

京都地方、今夜の満月すばらしいです。

慈晃 拝

カテゴリ: 門主のお話 | 2011年07月15日 | コメント(3) | No Trackbacks

6月護摩のお話

6月護摩のお話

5月に引き続き、東日本大震災の被災された方々の状況は大きな進展のないまま、お苦しみが続いているようです。
本当にお気の毒です。

その上3ヶ月たってやっと明日参議院で復興基本法が通過する予定だそうですが、それも自民党案を丸呑みして。
こんなに時間がかかって本当に腹立たしい限りです。復興予算も結局8月頃になりそうで、被災地は一刻も猶予の時間は無いのに、もう我慢出来ない状況です。

民主党の衆参のねじれ減少が原因ですがその原因を作ったのも菅さん。そしてなにより素早くこの危機を乗り切るための豪腕が必要ですが、菅さんの力の無さ、判断の悪さが明白です。

又東電の補償の仕組みでは、担当大臣の海江田さんは、1ヶ月前に、東電の被災者への補償を国が最後は全て面倒見る
仕組みを進めた一方、枝野さんは国民負担や税負担の増加となるなら、東電の株主や社債権者、融資銀行を守る訳には行かない。つまり東電を破産させ、新しい仕組みを作るお考えのようです。

みずほ銀行は貸し金の3分の1の1兆円を東電に融資。これが焦げ付けば、みずほ銀行も破綻する可能性があります。

大臣と官房長官の発表意見が真反対で、東電の株価は500円から148円まで暴落。震災前は2千円を越えていました。
日本はどうなっているんだと海外から厳しい目。

党内で意見が纏められず、それぞれの主要ポストの人間が勝手な思いつきで発言。
民主党の中はもうめちゃくちゃ。

今回の事故の根本は国の安全基準の甘さに起因。もし私が株主であったら、そして株主としての責任を問われるのなら、逆に国の責任を追求します。

さらには、政府は全国の原発の安全基準作成も先延ばし、エネルギー政策の将来像も具体的でない。

長野県飯田市の太陽光利用の新しい成功例もあり、多少電気代が高くついても普及している現実があるということは、やる気になれば出来るということだ。飯田市をそのまま全国に拡大すれば一般家庭の電力は全て太陽光で賄える分けです。

私は結局原子力の方がコストは高くついたと思います。直接コストばかりか、風評被害も含めて産業や観光、市民生活まで被害の範囲は拡大するばかり。計り知れないほど大きく広い。

原発事故の収束も見通しの極めて暗い状況。新聞に限らず、週刊誌、月刊誌等に原発事故の放射能汚染の脅威が、縷々と報じられています。

年寄りはともかく乳幼児は本当に危険な状況にあるようです。

私は地震直後から、メルトダウンで圧力容器、格納容器に穴があいて、放射能が漏れ出していると予測して、ツイッターにも書いていました。多分政府は知っていたけれども、発表した時のパニックを恐れて秘密にしたのではないかと思います。これでは日本は北朝鮮なみですよね。

その上いつまでも続く円高。流れを止められない弱い政府。輸出企業の産業基盤はどんどん海外に流れて、国内で若者が働く職場がますます無くなり、介護や医療の社会保障ばかりにお金を使って、このままでは日本の崩壊は近いと思います。

この行き詰まり。もうどうしようもない状況です。
本当にどうしようもない。

翻って今日ご参拝の皆様は、それぞれご自身のどうしようもない問題をなんとかならないかと、祈願に来られているのではないかと思います。

私はお不動様へひたすら、願いを込めていただいて、直ぐには解決しなくても、辛抱強く祈り続けることが、成就への道だと思います。

しかしご自身だけの幸せの追求ではお不動様のご加護は頂けないのです。
日本全体のことも同じです。

今日はこの日本の窒息状況からの開放とご参拝の皆様の諸願成就を改めて強く念じて、お勤めいたします。

カテゴリ: 門主のお話 | 2011年06月16日 | コメント(1) | No Trackbacks

5月護摩のお話

5月護摩のお話

朝方快晴で気持ちの良い皐月晴れだったのが、今は雷とともに、ひょうが降ってきましたね。
自然の予測出来ない動きを改めて知らされました。

先日、5月11日に天台宗では、半田天台座主が気仙沼市に出向き、追悼慰霊法要の導師を勤めました。

東日本大震災で、亡くなられ、また行方の知れない方、3万人近くにのぼる方々の菩提を弔い、復興への祈りを奉げられました。

青蓮院のご本尊は熾盛光如来といって、天変地異の鎮静、国家の安泰をはかるお力があると伝えられています。
日々のお勤めの中で、私達も一生懸命祈り続けております。

震災以来、被災者の方々の想像を絶する、お悲しみ、ご苦労、原発事故への怒りが、様々な報道によって、ひしひしと伝わって来て心の中に重くのしかかってくるのですが、皆さんもきっと同じ気持ちをお持ちではないかと思います。

幸い関西、京都はいつも通りに活動していますが、折にふれ東北は大変だなーと、思わずにおれません。

そのような心に重く伸しかかってくる問題は、震災のことだけでなく、我々それぞれ生きていく上で誰でも多かれ少なかれ、人それぞれ悩まされることがあると思います。

思っていることが、うまく進まない。相手への思いが伝わらない。あるいは相手が云う事を聞いてくれない。
事業の思惑がはずれ失敗する。悩みは色々あると思いますが。

それらのことが、心の中で重圧となっていき、折にふれて頭をもたげて意識の中に現れます。
忘れようとしても、逃れられないのですね。

原因が思い通りになれば、すっきり解決するのですが、直ぐ解決できない問題もあります。どうしようもない。

このことでどうしたら良いか。1つの方法として、
そもそも自分の思いにこだわるから、うまく進まないのであって、うまく行かないのは人のせいではなく、自分が思うことを、考えなおしてみる。

人のことや状況を良く考えもせずに、自分本位に勝手にうまく行くと思ったことから始まっているのではないかと。
反省することで気持ちが楽になる場合もあると思います。

お不動さまへの信仰。それは大きな力に自らをゆだねて、その中で最善を尽くしていくことだと改めて思います。

丁度
東山に満月がのぼりました。22時45分です。 慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2011年05月17日 | コメント(1) | No Trackbacks

<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ