青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ

11月護摩のお話

11月護摩のお話
今日は雲ひとつない天気です。今晩の満月はきっとすばらしいと思います。どうぞ皆さん今夜は満月に向かってお不動様をイメージして思いを込めて念じて下さい。
青蓮院のお庭のもみじも少し紅葉してきました。夜のライトアップにもお出かけ下さい。

日々様々なメデイアが報じていて良くご承知の通り、目下の経済状況は世界的な規模の金融恐慌となってきました。

日本はバブル崩壊後、破綻する金融機関に国民の税金をつぎ込み、辛酸を舐めてようやく泥沼から立ち上がった所でした。その教訓が覚めやらないことが幸いし、今回世界中の金融機関が被った証券化されたリスクの高い投資による被害を、結果的に最小限に食い止められたと思います。

従って事の起こりに対して対岸の火事を見るような、云わばひとごとのような思い、自分達は健全で問題ないとの認識が産業界全体にあったように思います。
しかしながらアメリカの不始末とは云え、巨大な資金の収縮は単なるマネーゲームの失敗に留まらずお金が回らなくなることは、実体経済が回らなくなることだということを、否が応でも知らされることとなっています。
しかも1929年と比べて現在は比較にならないほど世界経済が一体でありいくら自分が健全であっても大きな波の前で如何ともしがたく、無力だということを痛感します。
オバマさんが選ばれて大きな期待が掛けられていますが、この危機は彼によっても対処できないのではないか、並大抵の事態でないことを市場が示しました。

アメリカのために何故こんな目に遭わなくてはならないのか。日本はもっともっと強くアメリカに主張しなければならないと思います。さらに、その内アメリカの不始末にも拘わらず、いずれこの危機を打開するため日本への重い負担が要求されてくる恐れは充分にありましょう。そのためにも云うべきことを発言しておかなければと思うのです。

そもそもこの金融破綻の根本にあるものは何でしょうか。
まさに仏教で説いている、人の心の煩悩であると思います。
煩悩の中心は貪(とん、むさぼり)、瞋(じん、しん、いかり)、痴、です。
この内のむさぼりの人間の性こそが、今回の世界の危機のもとだと思います。つまり自分さえ良ければ良い、人の苦しみが自分の利益になる、自分だけが食い尽くすことを、お金を道具にして狂奔した結果だといえましょう。

本来お金が生産や労働の対価としての役割であった時は、お金は地に着いたもので、実態経済そのものを表していました。しかしながら、お金そのものが取引の対象となったところにこの問題を深刻化させた最大の要因があったと思います。そしてそのお金をむさぼりあったことが・・・・。

お不動様はこの人間の性の避けがたいむさぼりの心を焼き尽くす力をもっています。人は弱く、よほど心を強く保たないとむさぼりの心に負けてしまいます。お不動様への信仰によってこの弱い心に打ち勝てるのだと思います。

しかしながらもう事態はすでに起きてしまい、被害が甚大に現れているのですから、今どのように我々は対処したらよいでしょうか。

それぞれ皆さんの置かれた状況は分かりませんが、多かれ少なかれこの荒波に誰しも左右させられることは避けられません。今最良の対処方法は先月も申し上げましたが、お不動様を信じ、じっと耐え偲ぶことです。ご自分にとって予想される、ありとあらゆる悪い事態を想定して、地道に対処していくことをお心がけいただきたいと思います。

そしてお不動様を常に信じ、思いを込めることによって祈りの中から良い導きの糸口をつかむことが出来るように思います。

雲のひとかけらもない今宵の満月を拝すると、人間のこまごまとした営みが実にはかなく、いかに小さいものかとつくづく感じます。
その上でさらに深く強く、満月を感じ、お不動様と一体となることを思うことで、はかなく、小さい自分ではあっても、体の中に問題に対処できる大きな力をいただくことができると思います。  
                      慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年11月14日 | コメント(1) | No Trackbacks

10月護摩のお話

今日は。秋晴れ快晴のすがすがしい日になりました。今夜の十五夜はすばらしい満月だと思います。
ぜひ皆さん今夜は満月に向かって思いを込めて下さい。

12日には青蓮院では秋のご本尊熾盛光如来の大法要をお勤めしました。ご本尊のご利益は天変地異の鎮静、国家の繁栄安泰、皇室の安寧の三つですが、特に12日の法要では国家の繁栄に関して、目下世界を揺るがしている世界金融恐慌の早期鎮静化を強く祈願しました。現在ようやく底を打ちつつありますが、まだまだ油断は禁物だと思います。

私は今年の1月の初護摩のお話の中で今年は極めて厳しい年となることを申し上げました。
景気は悪くなり仕事が無くなり、給料は上がらず、物価は上がる。ご商売や企業にとっては身辺整理をして危機に備える必要を説きました。日本はバブルの教訓から各金融機関がリスクの高い投資に慎重であったためもあり、昨年8月の危機表面化後も、比較的直接的な損害を受けていないため危機意識が低かったと思います。

目下アメリカ、欧州の金融機関の破綻が実態経済にも深刻な影響を及ぼし始めており経済が極度に縮小していく可能性があります。経済は日本だけ単独ではありません。
いまや世界中が密接にからまりあって、しかも極めて早く影響を及ぼし合っています。
このようなとき我々はどのように対処したら良いでしょうか。
それはお不動様を信じ、大きな嵐が通り過ぎるのを、身を低くしてじっと耐え偲ぶしかないと思います。
無用な手出しや、動きは災いのもとだと思います。
しかも嵐が静まって穏やかな日々を迎えるには、今回は相当長い年月を必要とすると思います。
お仕事に直接関係のない方でも、多かれ少なかれこの巨大な波に影響を受けざるを得ません。
ひとごとでなくご自身に降りかかる予想されることに対処しましょう。

話は変わりますが、数日前に、平山郁夫先生の昨年9月喜寿を迎えられた時の祈念の展覧会が東京と広島で行われ、その折の図録をある方から頂きました。
その中に「広島生変図」がありました。これは画伯が広島で当時中学生の時、尾道市のご実家から広島に動員されていた時、被爆された体験をもとに描かれたものです。
画伯は爆心地から3キロの地点で被爆されまさに原爆の破壊のずべてを体験されて、ご自身も放射能の後遺症にお苦しみです。戦後30年を経て、昭和54年に初めて広島に関して筆をお取りになることができたとのことです。その絵の右上には青蓮院の青不動明王をイメージしたお不動様を描かれました。2003年の正月に8時間程かけたNHKの放送で国宝百選という番組が放映されました。
これは日本の国宝約1600点から100点をを選び、平山先生が解説されたものです。
100選の中に青蓮院の青不動も入った訳ですが、その折の先生の解説でこの広島生変図の不動明王は青蓮院の青不動であるとのお話がありました。

先生は恐らくあの広島の惨状に、筆舌に尽くせない恐れと怒りを感じられていたと思いました。
不動明王は我々の煩悩を焼き尽くすお力があり、煩悩の代表的なものが、怒りですから先生の広島生変図の一面を埋め尽くす真っ赤な炎の渦中に描かれた不動明王に、先生ご自身の心の底の怒りを焼き尽くして欲しいとのすさまじい絵なのだと、私には思えました。

そして不動明王は我々の心の煩悩を焼き尽くし大きな慈悲をもって我々を救っていただけます。
先生は怒りを焼きつくし、さらに一面の炎の中に命を落とされた人々へ不動明王の救いがありますように
願われたのだと思います。先生の今までのお仕事の中でこれほどに強い先生の心の底からの叫びがほとばしる絵は他には無いと解説に書かれていました。
私は先生のお心を感じるとともに、青蓮院の青不動様のお力を改めて強く感じました。
図録の中で先生は満月の絵もたくさん書かれています。

青蓮院では満月に護摩供を厳修していますが、先生が多くの満月の絵をお描きになっていることも
私は先生に強くひかれるものを感じました。

皆さん、今夜満月を感じてそれぞれの思いをを込めていただきたいと思います。
不動明王の慈悲は、己れ以外のものに出来る限り尽くしていくことです。
ご自身の諸願を念じるとともに、「他」を慈しみ「他」を利することに。
あなたの心にゆとりがもたらされますように。  門主 慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年10月15日 | コメント(0) | No Trackbacks

9月護摩のお話し

朝夕涼しくなって、夏の暑さがなつかしく感ぜられます
連休の最終日、ようこそお参りくださいました。
昨夜は大変美しい月夜でしたが、残念ですが今日の満月は一寸無理かもしれませんね。
先月8月27日、伊藤和也さんがアフガ二スタンで、タリバーンの手により拉致され、31歳の若さで不慮の死を遂げられました。本当に悲しく、そしてやり場のない怒りを感じました。
不毛の地に潅漑用の水路を作り、薩摩芋の栽培を指導し、4年6ヶ月に渡り、熱心にアフガ二スタンのために尽くされたのに、そして現地の人々に非常に慕われていたというのに。
後の報道で知りましたが、タリバーンは現地の人々、何百人が追っ手となったことで危険を感じ、返って逃走のため、伊藤さんを殺害したようです。
伊藤さんはアフガンのためになることを、文字通り心身を捧げて尽くされ、またその伊藤さんに対しアフガンの人々が心から感謝していた状況にもかかわらず、外国人の介入を一切受け入れないタリバーンの狂信的な教義の犠牲になられた分けです。
私はなんとも云い様のない怒りと無力感に落ちました。
ベトナム戦争の泥沼が終息した後、退官した当時のマクナマラ国防長官はベトナム戦争はアメリカの誤りであったことを率直に回顧録で認めています。ベトコンを掃討するための枯れ葉作戦や、現地人の拷問等々、似たようなことが、アフガンやイラクで、行われているようです。
私は今アメリカを中心に行われているタリバーン掃討作戦以外の方法、つまりタリバーンとの和解や相互理解への弛まざる不断の努力こそが、根本解決の道だと思います。日本政府は伊藤和也さんの死を無駄にすることなく、直ちに根本解決の道を世界へ発信して欲しかったと思います。
福田総理大臣はただ深い哀悼の念を示されただけでしたが。
天台宗の開祖伝教大師は、弘仁9年(西暦818)天台法華宗年分学生式(ねんぶんがくしょうしき)を嵯峨天皇に奏上しました。この学生式は奈良の既成の仏教から、天台宗が完全に独立するための根本精神を唱えたものです。
その根幹にある教えが、「己を忘れて他を利するは慈悲の極みである」です。
国の宝とは何か。それは宝石やお金ではなく、人材である。優れた人材が国を指導し、有能な人材が国を豊かにする。人材こそ国の宝であると説かれ、人材を養成することを強く説かれました。
その中で最も優秀な人材とはどのような人かというと、それは自分のことを考えず、全てをすてて他人のため、人のためにに尽くす人である。と説かれました。
そのような人が国を指導し、またそれぞれの分野でそのような人が力を尽くしていくことを目指す宗教であることを宣言されました。
まさに伊藤和也さんの生き方そのものが、この精神の実践です。伊藤和也さんはまさに伝教大師の教えの実践であります。
この行いを菩薩行といっています。まさに伊藤菩薩であります。
私はアフガンの現地の人々の心の中に、この伊藤菩薩の教えがしっかりと、脈々と流れていると思います。
伊藤和也さんは亡くなりましたが、伊藤菩薩の教えは、決して忘れられずに、アフガンに生き続けると、私は思います。またそのように私は確信するものです。
そしてこの伊藤和也さんの菩薩行を我々日本人はもっともっと高く称え、決して忘れずに、そして少しでも己に向けて問うことが大切だと思います。
今日護摩供に参拝され、それぞれご自身の願いを込めて、祈願されるのですが、毎月の護摩で私が申し上げているように、ご自身のことだけを願わないでいただきたい。ご自身を含めて自分を取り巻く方々に思いを込めて、自分は何が出来るか。願っていきましょう。
               門主  慈光  拝

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年09月15日 | コメント(0) | No Trackbacks

8月護摩のお話

 今日は。暑い中よくお参りいただきありがとうございました。
昨日は16日、京都五山の送り火の行事が行われました。青蓮院では毎年東山山頂境内の将軍塚にて、お盆にあたり、先祖の精霊をお送りする回向法要と五山の送り火観賞の夕べを催しています。お盆で我が家へ戻られたご先祖を再び浄土へお見送りするのが16日に当たります。この日は特にご先祖や、亡くなられたご親族の、菩提を弔い、在りし日を偲び手を合わせていただいていると思います。同時にお盆は、今ご自分がここに在るということの幸せを感じ、亡くなられた方の分までご自身を大切に生きることを、しっかりと自分に言い聞かせていただく時だと思います。
 幸い夕立と雷雨もあがり、すばらしい五山の送り火でした。東山の大文字は真横からの位置になるため、残念ながら大には見えませんが、直ぐそばに火が感じられ、その他の妙法、船、左大文字、鳥居形は市内の夜間のきらめきと共にすばらしい景観となります。
 今年の夏は多くのことがありました。
 まず、8月4日、天台宗では、比叡山延暦寺にて、世界と日本の宗教者が集い毎年、「平和の祈り」の集いを催し世界に平和と諸宗教の協力を強く呼びかけています。
 今年の大会では、催しの中で広島の東照宮の大久保宮司さんの特別スピーチがありました。当時中学生だった宮司さんの生の原爆のご体験を交えた感動的なスピーチでした。8月6日原爆が投下された日、幸い宮司さんは広島から離れた場所に動員されていて直接の被爆を免れ、翌日神社に戻ったそうですが、既に神社は全壊、ご両親はお顔が溶けてただれ落ちておられ、境内には水を求める人々がうずくまる状況でした。原爆の被害について、直下の温度は鉄の溶解する1500度の何倍となるなど、数字を次々にあげられて語られました。その後は黒い雨が降り注いだそうです。原爆の悲惨さは、大量殺戮、無差別、放射能被害の3つであると話されました。
 中学生の大久保さんが、その時強く感じられたことはこのようなことが決して、絶対に繰り返されてはならない。そしてそれを強く語り伝えて行かなくては と思われ、実行されてきたとのお話でした。
 人類はそれぞれの国の自国の利益を最優先にして、戦争を繰り返してきました。これだけ世界中が問題にしている地球温暖化の問題でも、最大の温室効果ガスの大量発生国のアメリカと中国が、互いに相手がテーブルにのるまでは、話し合いに応じない態度を貫いています。この救いがたい不完全な人間そのものに絶望的にならざるを得ません。人類の遠い将来、水爆が飛び交って終わりを告げることにならないように、大久保宮司さんのお気持ちを大切にして、被爆国の日本は世界に核の恐怖を伝えていかなければならないと強く思いました。このことをぜひ皆さんにお伝えしたかった。
 オリンピックと高校野球がまさに白熱しています。
 そして数々の感動とドラマを与えてくれています。
 その中でいままでのところで、一番印象に残ったこととを、お話しました。
 柔道の谷本歩実さんの金メダルです。彼女はアテネの金メダルが終わった後、すっかり燃え尽き症候群となってしまったそうです。それを妹さんが献身的にささえ、励まして次第に次の目標に向かって立ち直っていったそうです。バタフライの松田丈志さんもコーチが文字通り一体となって、松田さんのために尽くしました。試合後のインタビューで松田さんは、まず最初にコーチにメダルをかけてあげますと云いました。
 北島選手の後ろにも平井コーチがいて、北島選手の幼少の頃から、まさに全身全霊を傾けて北島さんの成長のために尽くしました。
 金メダルをとる本人の努力と恵まれた才能、力、は本当にすばらしいと思います。暗いニュースの多い中で心から感動を私達に与えてくれました。
 私はそれと同じように、本人をささえる、コーチ、家族、支援者、がすばらしいと思いました。
 どうか皆さん、それぞれのお立場で金メダルを目指して下さい。そしてそうでなければ、金メダルをとる人をしっかりささえる人になって下さい。どちらかを目指そうではありませんか。
 柔道のやわらちゃんと、塚田選手のことも大変印象に残りました。
 二人とも金メダル間違いなかったと思います。どんなにか、悔しいことかと思います。
 多分悔やみきれないのではないかと思います。
 塚田選手の場合、あと8秒我慢すれば良かったのですから。一瞬のすきをつかれました。
 我々にも違いはあっても、あの時ああーすればと思うことが、幾つもあります。その瞬間には良いと思って判断したことが、結果的には一瞬のすきをつかれた形で失敗をしていた。
 私はこの試合を見ていて、一瞬のすきをつくらないことは、もう人間の段階を超えていると思いました。
つまり最善の努力の積み重ね、百戦の経験を経ていても一瞬のすきに乗じられたからです。
 それは人間を超えた、神仏の世界だと思います。
 
 つまり一瞬のすきに乗ぜられない力をいただけるのは、神仏だと思うのです。8秒を我慢せよとの神仏の声が聞こえるのが信仰だと思います。
 私は神仏はどの神仏でもよいと思いますが、私にとっては青蓮院のお不動さんです。
 
 私はお二人が、神仏を、中でも青蓮院のお不動さんを深く信仰されていれば、一瞬のすきをつかれないですんだのではないかと思うのです。

 以上長くなりましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。
 
 どうぞ、9月の護摩にご参拝お待ちしています。
              門主 慈晃 拝 

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年08月17日 | コメント(0) | No Trackbacks

7月護摩のお話

今日は。7月の満月護摩です。暑い中ようこそお参りいただきました。お不動さまのお力をいただいて元気にこの夏を乗り切りましょう。
少し前になりますが、NHKのインタビューを受けたEUのバローゾ委員長の話に大変感銘を受けました。
EUはヨーロッパの27カ国、5億人を連合して、今や世界の総生産の30%を占めています。
2005年に、物事を決める際の条件を参加各国の全会一致条項から、多数決を増やす条項に変え、新しい条約を批准してから、まとまった力を発揮するようになったとのことです。
その根本に流れる思想は「共存」です。過去の大きな戦争の悲惨さの中から骨身に染みて学んだことだったと熱心に語りました。
そしてその精神に則り、開かれた社会のため共通のルールが必要である。そして市場原理は万能ではない。との結論に達しました。域内のルールに従わない場合の厳しい罰則を設けています。そして今EUは次のことを中心に推進しています。
第一は、消費者の安全を守ること。
それは消費者の食の安全、そしてそれは生産物からサービスまで様々な分野にわたっています。
第二は、働く者の権利や、幸福、職場の確保を図ること。
第三は、地球環境の保全を図ること。
このことについて温室効果ガスの削減目標を独自に厳しく定め、自動車メーカーには既に20%削減を義務付けました。2020年までに全体の目標も20%削減し、今後各国の協力が得られれば30%にアップしたいとのことです。
先般開かれた洞爺湖サミットでは世界の主要な国の代表が一同に会し、地球温暖化問題については2050年までに50%削減することで基本合意したことになっていますが、ただの絵に描いた餅のようなものだと私は思いました。
なぜなら、2005年段階で全世界の温室効果ガスの排出量が、アメリカは21.4%、中国は18.8%でその2国の合計は40.2%ですが、サミットでは、その両国は互いに先に相手国が取り組むべきであるとして、世界の緊急の課題にも拘わらず、真剣に土俵に上がりません。ちなみに日本は4.5%、EU27カ国合計で14.7%です。
サミットに先立ちアフリカ拡大会議があり、世界的食料と原油の暴騰により、アフリカの飢餓と貧困が危機的状況であることが訴えられましたが、主要各国の解決策は、援助を約束するだけでした。
食料や原油の投機的暴騰を食い止め、引き下げる具体策は何ら打ち出されませんでした。値上りの肯定が前提になっています。
主要国は団結して、投機筋を不安に落とす具体策の1つでも合意することが、サミットの役割だったと思います。その意味で全く意味のない会合でした。開催国は多大な費用を負担して腹立たしい限りです。
7月15日には、原油の値上がりに抗議して、日本中の漁船20万隻がストを決行しました。
このようなことは過去の歴史に無かった異常事態です。
これについても日本政府は原油を下げるための世界への発信はしないと思います。
なぜ原油は暴騰したのか。うがった見方をすれば、アメリカの指導層は産油国の利害と一致しているからではないかと思います。
温室効果ガスにしても、まず自国の利益が第一優先となって先に進みません。自分さえ良ければ良い、という人類の性、つまり仏教ではむさぼり、すなわち煩悩が全ての根源にあります。
煩悩のおもむくまま進む先にあるのは、人類の滅亡だと思います。
今の世界の状況はそのようなことを予感させる事態といえましょう。
観音経という法華経の中のお経があります。その中に
悲体戒雷震 慈意妙大雲 滅除煩悩炎 という文句があります。この意味は、観音様の慈悲のお心は雷が轟く程のすさまじいお力であり、また入道雲が夏空に湧き上がるほど、力強く、そのお力で煩悩の炎を減じ、取り除いていただけると説いてあります。
慈悲とは、自分の全てを投げ出して人のために尽くし、人の悲しみや苦しみを我がこととして身代わりとなるという心の段階です。仏様でなければ到達できない段階ですが、一歩でもそこに近づくことが、仏教の教えです。
アメリカでも中国でもその段階になれば、問題はなにも起こらないのですが。
翻って我々の日々の営みにおいても、自分さえ良ければ良いとの考えになりやすいと思います。
お集まりの皆さんには、常々申し上げていますが、ご自身のことを祈願されるとともに、少しでも他者のために、他者と共に栄えることを念願していただきたいと思います。
その意味でEU のバローゾ委員長の「共存」の精神と穏やかで平和な社会を目指す理念を説かれる姿勢に、大いに惹かれるものを感じました。
日本はそろそろアメリカ一本の軸足から、EUとのつながりを深める方向へと、転換が必要だと思います。
暑い夏に向かいます。どうぞ、お体に気を付けられお不動さまのご加護がありますように。
長文をお読みいただき感謝いたします。
ご意見をお寄せください。
                    門主 慈晃 拝

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年07月19日 | コメント(0) | No Trackbacks

<<   2018年11月   >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ