青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ

3月護摩のお話

 ホームページをご覧になって新たにお参りいただいた方もあり、お堂が手狭なためもあって満員となり、一部の方がお座りになれなくなりました。初護摩の時には仮設の参拝席を作っているのですが、今後このようなことが続くようですとご迷惑をおかけしますので、常設のものを考えなければと思いました。
 今日の護摩は丁度お彼岸の時期ですので、彼岸会としてもお勤めしました。そこでまずお彼岸の意味をお話しました。お彼岸では太陽は真西に沈みます。西方極楽浄土の方向です。
 彼岸は波羅蜜多(はらみった)の音写で、此の岸に対する彼の岸の意です。此の岸とは我々が迷い、苦しみもがいているこの日常の世界です。そこから脱した彼の岸、つまり彼岸とは悟りの世界、仏様の世界のことです。亡くなられたご先祖、ご家族は西方極楽浄土の阿弥陀如来のお膝元に、つまりこの彼岸におられるのですが、彼岸会はこのご先祖や、亡きご家族を偲ぶお勤めです。
 彼岸に到達する、つまり悟りに至るにはどうすれば良いか。その努力が、つまり、その良い行いが、亡き霊位を回向することになり、菩提を弔うことになります。
 そこでお釈迦様は彼岸に到達するために次の六つのことを努力をするよう説かれています。いずれも仏様になるため、悟りに至るための修行ですから非常に困難なことだと思いますが、少しでも努力していただきたいと思います。
 ?”杙棔? 施すこと。人のために尽くすこと。
 ?∋戒? 規律を守ること、やっては行けないことをやらないこと。今、我々の社会はだんだんに何でもあり、やりたいほうだいの風潮にあります。
 ?G?辱。 苦しみに耐えること。とかく安易な道を選びがちです。
 ?だ鎖福? 一生懸命勤めること。怠けないことです。
自分のなまけ心に勝たなければ出来ません。
 ?チ議蝓?心を穏やかに保つことです。これまた至難のことで、我々の心は直ぐに外界の刺激に翻弄されます。
 ?γ匏邸? これはものごとの本質を把握する力です。
我々はとかく人の意見や、ニュース解説、論評に誘導されてしまいがちです。人がたとえ異なる意見でも、自分の考えをしっかり持つことが非常に大切だと思います。
 皆さんはそれぞれお彼岸の墓参りやお寺にお参りに行かれているかもしれませんが、今日の護摩でも、丁度良い機会ですので、ご先祖のことを偲びつつ、今の ご自分が生かされている事に感謝しましょう。そしてこの六波羅蜜の教えに従って、自らの行いを戒め、反省して、少しでも人の為になることが行えるよう努力することが大切なことだと思います。
 門前に大きなこま札をたてました。高さ3メートル、大きなものです。
 国宝の不動明王を来年秋ご開帳する計画で、その趣旨を神宮道を通る方々に知っていただきたいとの思いからです。
 ご開帳期間は21年9月18日〜21年12月20日となります。
 青蓮院では、将来、東山山頂の青蓮院飛地境内の将軍塚境内に青不動大護摩堂を建立する計画ですが、そのことを、多くの方に知っていただき、ご開帳をご縁に、ご協力ご支援の輪を広めて行きたいと思っております。
 今日はすばらしい満月です。どうぞお家にお帰りになりましたら、ぜひ満月を観賞し青蓮院の護摩を思い出していただいて、再度ご自身の諸願成就を祈念しましょう。
     門主 慈晃

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年03月23日 | コメント(0) | No Trackbacks

2月護摩のお話

今日は、快晴で暖かい護摩になりました。直ぐに1ヶ月がたってしまいます。
一昨日の新聞各紙の一面に、国宝重文580 被災の危険という見出し等で、政府の中央防災会議のまとめが報じられました。
近畿・中部圏で想定される直下型地震が発生した場合の文化財に与える影響をまとめたものです。
マグニチュード7級の地震で、主な断層別に被害の件数を分析、京都市、東山近辺の花折断層では255件の国宝、重文が倒壊等の被害に遭うとまとめています。
青蓮院のご本尊の熾盛光如来は地震、天変地異を鎮める力をお持ちです。護摩でおまつりしている青不動明王はこのご本尊の化身と云われています。皆さんがしっかりと拝んでいただければ、少なくとも皆さんに大きな被害は及ばないと思います。
青不動明王に、ご自分に災害が及ばないように祈願をされることは、逆に皆さんがそのことに強く関心を持っていただくことになる訳です。備えあれば憂いなし、その通りです。
そのため青蓮院では以前から祈願の方に次の備えをしていただくようお勧めしています。
まず国土地理院が出しているご自宅近辺の断層分布図を入手され、断層がどのように通っているか確認します。
もしも断層が真上を通っていた場合は直ぐにお引越しを検討してください。
次に万一被災した時のため。
?/紊鯑れるビニール袋?(10リットル入り)下記目安
 家族の人数×2リッター×3日分
 救援が来るまでの最低必要量を備蓄します。
?⊃振パッ?入りもち 3日分
?B郛絅?スコンロ(ボンベ式)
?つ篥纏に連絡で?るよう携帯の電源を手動式発電で充電できる簡単な装置。通常ライトとラジオが一体となっています。携帯も機種が多数あり、多種類の接続が出来る装置がベストです。
?ソ侏茲譴个海梁召砲澆?んの缶詰と鮭缶。
みかんはいらいらした気持ちを鎮める働きがあり、糖分と適度な水分は疲れを瞬間的に回復します。鮭缶は蛋白質の補給です。
前にお話をしたので、今日お集まりの信者さんに準備されているか聞いてみたところ、極く少数の人しか実行されていませんでした。今日はお帰りに必ず買って帰って下さいとお願いしました。それが災害を最小限に食い止めることになり、ご本尊のご利益だと思います。
後は重い家具等を壁に固定しましょう。少しでも逃げるための時間稼ぎができます。
アメリカのサブプライムローン問題の影響は、甚大になってきました。そのことは初護摩でも申し上げましたが、想像を絶する問題となってきたようです。過日ある経済講演を聞きましたが、講師の方が次のように分析されています。
日本のバブルの時は85兆円の過大に膨張した不良債権が焦げついたといわれていますが、今回のアメリカのサブプライムローンは、それが380兆円にのぼるとのことでした。
日本のバブル崩壊では、多くの銀行が破綻し、20年がかりでようやく立ち直りかけていた矢先のことです。
この4倍の規模ということですので、影響が深刻です。
早くその危機的状況を認識して対処していくことが大切だと思います。
その上で初めてお不動様のご加護をいただくことが出来るのだと思います。
オーストラリアの小麦の価格が、旱魃の影響で暴騰してパンが30パーセント値上がりするそうです。
消費税を数パーセント上げる話には国民はきっと大騒ぎするでしょう。それを思えば30パーセントは大変な事態です。
パンを食べなくても、お米を食べれば良いとお勧めしました。しかしお米の値段も回りまわって値上がりするでしょう。今のうちに・・・・・・・。
厳しい環境を見越して慌てず、しっかりとお仕事や、ご家庭の経済を見直して、身にふりかかる災いを最小限にしましょう。そのように心がけられれば、お不動様のご加護がしっかりといただけると思います。
今夜の満月をぜひ拝んで下さい。
3月の護摩は22日(土)です。ご参拝お待ちしています。              門主  慈晃







カテゴリ: 門主のお話 | 2008年02月22日 | コメント(0) | No Trackbacks

初護摩のお話

平成20年の初護摩にご遠方からも多数のお参りありがとうございます。
初満月に初護摩をお勤めいたします。青蓮院のお不動様は強いお力をお持ちですが、満月に護摩を修することで一層強い成就がえられます。
特に一年の最初ですので、この一年のことをしっかりと皆さん念じていただきたいです。拙僧も一生懸命にお勤めさせて頂きます。
初護摩のご案内の中にもお願いしてご承知の通りですが、これから東山の将軍塚に大護摩堂を建立し、仏教の教えを軸に色々な活動をしてまいりたいと思っていますが、そのことをもっと広く知って頂くためにも、青不動様のご開帳を来年秋に計画しています。21年9月中旬から12月中旬です。今年から来年にかけて準備してまいりますので、ご支援の程お願いします。ご開帳をいまから楽しみにしていただきたいです。
今年の干支は戊子にあたります。戊は茂の草冠のない字で意味は草木や植物の茂る意味もありますが、余計な草を取り払う、つまり煩雑なものを整理したり下ごしらえをする意味もあるそうです。戊はつちのえと読みますが、木火土金水の土にあたります。土ということは今年は土台をしっかり築く年といえましょう。子は十二支の子で始まりの干支です。意味は種子の意ですから、つまり今年はつちのえの土に子の種をまき、それが芽吹いて行く年、いずれ茂って行く年、といえます。種蒔きの年ですから将来の発展に備えてしっかりと対処しましょう。
昨年後半から、アメリカのサブプライムローンの破綻が世界中に極めて深刻な金融不安を巻き起こしています。昨年の8月に表面化しました。当初は大したことはないと考えられていましたが、アメリカのシテイーバンクや証券会社大手のメリルリンチが莫大な損失を出し、サブプライムローン問題の被害は世界中の金融機関に広がっています。今年になりさらに問題は深刻になり先週末にブッシュ大統領が抜本的な景気刺激策を発表しましたが、解決に繋がらないとの評価で世界中の株価の暴落を止められません。
原油の値上がりが一時1バーレル100ドルを超す騒ぎで、マネーゲームによる投機資金によってつり上げられました。エネルギーの値上がりは何れ近いうちに諸物価の値上がり、インフレに繋がると思います。
アメリカから発した金融不安と不況が世界に悪影響を及ぼし、仕事はなく、企業は売り上げが落ち、給料は上がらない。その上物価が上がるというダブルパンチとなることも予想されます。今年は極めて厳しい年となると思います。
今日青不動様にお参りの方にはそのような厳しい年になることを念頭におかれて、ぜひともお不動様のお力をいただき、色々な苦難を乗り切っていただきたいと思います。
初めに申し上げたように、今年のつちのえ子の年は、じっくりと準備する年といえます。あせらずにお不動様によって、まず基本である身体健康、家内安全をお守りいただいていることを信じて、そしてお不動様のご加護をしっかりと信じていただきたいと思います。
その上で心に思っていらっしゃることが必ず成就するようお不動様に強く念じていただき、お不動様を信じていただくことが成就に繋がっていくと思います。
今日このようにお参りいただいたご縁は大変深いと思います。今日ここにお参りいただいていることが、そのままお不動様の強いお力に導かれた結果であると思います。皆さんの思いは自然にお不動様のお力をいただけると思います。
それでは年頭にあたり皆様とご一緒にしっかりと祈念してまいりましょう。慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年01月22日 | コメント(0) | No Trackbacks

12月納め護摩のお話

 年末も近づきお忙しい中、お参りありがとうございました。今年一年を振り返りどんな一年だったか。
 清水寺で発表された、漢字検定協会の今年の漢字は偽(だます)。次ぎは食、3番が虚(うそ)でした。この一年イノシシ歳のとおり大いに荒れた一年でした。出だしは平穏でしたが、食の問題、白い恋人、赤福、そして吉兆。偽であり、嘘の連鎖でした。安部さんも苦悩の内に辞任しました。今となっては5千万人の年金の未確認者を来年3月まで一人残らず調べることを公約することなど、最初から私は無理だと思っていました。「無理かもしれないが一生懸命やってみます。」とおっしゃれば良かったのですね。政治はやはり半分は、いい加減なものなのでしょう。
 このことを、ただマスコミの報道で興味本位にとらえるべきことでしょうか。私はおのれ自身の問題として、この嘘をつかないことが如何なる状況でも出来るのかどうか。本当に自分自身そのことに自信があるかどうか。そのように考えて自分を戒めるべきと思います。嘘をつかないこと、そして自分を偽らないことは仏教の根本の教えです。
 次ぎに大きな問題は、米国に始まったサブプライムローンの問題と、原油価格の異常なまでの投機的な上昇です。ガソリンは凡そ1.5倍になりました。サブプライムローンの問題は世界中を巻き込んだ金融不安に発展しています。株価は暴落し、投機資金は原油市場に回りました。サブプライムローンについては、いまもってその傷の深さを誰も正確に把握することが出来ていないとのことです。日本のバブル崩壊は日本だけの問題でしたが、サブプライムローンの問題は世界的規模です。ドルの信用を覆す大きな問題と私も思います。
 この問題の根底は、自分さえ良ければ、自分さえ儲かればとの飽くなき煩悩によって、世界中が狂気のように突き進んだ結果であったと思います。本当に情けなくなる程の人間の業であります。自分のことだけでなく、少しでも人のために。これが仏教の教えの根幹です。
仏教の教えに従っていればこのようなことは起こらないでしょう。
 来年は原油の高騰の影響によって、ボデイブロウのように物価の高騰、インフレに向かうことでしょう。一方お給料の方はそう簡単に上がらないでしょう。結局板挟みになるのは多くの普通の国民です。
 そのような状況を見通して信者の皆さんにはしっかりと対処していただきたいと思います。この様な大きな負の状況、個人の力では如何ともし難い状況の荒波に飲まれないよう、強いお力をお不動様にいただいていただきたいと思います。お不動様のご加護をいただき道を誤らないようご自身の成就に向けてしっかりと念じていただくことをお願いしました。
 初護摩のご案内をしています。どうぞお誘い合わせご参拝下さい。
 初護摩は20年1月22日、初満月に厳修いたします。
 ご案内状の無い方でお申し込みご希望の方は、遅くも1月15日頃までに当院事務所までお問い合わせ下さい。
 どうぞ良いお年をお迎え下さい。
                   門主 慈晃 

カテゴリ: 門主のお話 | 2007年12月24日 | コメント(0) | No Trackbacks

11月護摩のお話し

みなさん今日は。
ようやく京都の紅葉が見頃になってきました。
3連休の中の日もあって、京都中が大賑わい。人出はこの秋一番になったようです。交通渋滞でお詣りの方が大分遅れてこられました。ご遠方からのお詣りの方には大変ご苦労様でした。そのような中でお詣りいただき本当にありがたく思っています。
京都大学の山中伸弥先生が、21日まさに世界中を驚かせたノーベル賞級の研究成果を発表されました。
皆さん既に各種報道によってご承知のように、人間の皮膚等の通常の細胞から、ES細胞を作ることが可能になったとのことです。まさに夢ののようなことが現実になったわけです。自分の皮膚等の細胞から、心臓とか神経や骨といったあらゆる種類の細胞をつくることができるとのことで、いままでは生殖細胞つまり受精卵から取り出すことしかできなかった為、倫理上の大きな問題があったわけですが、この難問が一気に解決できることになりました。
しかもこのような大研究を日本人が成し遂げた訳です。こんなにうれしいことはありません。
世界中がこの最先端の研究に凌ぎを削っていたそうです。また山中先生のご研究を突破口として、今後は不可能であった病気の治療に革命的な進展が期待できるとのことです。
しかしながらこの大研究は、倫理上の問題は解決したわけですが、生命の根源に関わる大きな問題を内在しているように、私は感じています。
漠然とした思いですが、この研究がさらに発展していくと、私は恐らく将来は人間のあらゆる部分が再生可能になるのではないかと思いました。脳細胞もどんどん替えて、その他身体全体がいつもみずみずしい若い細胞に取り替えが可能になるのではないか。つまり将来人間の寿命が永遠になることもあり得るのではないか。
生命、寿命について、色々な説があると聞いています。細胞は新陳代謝で常に作り替えられていますが、老いには勝てないのが宿命です。つまり細胞分裂の中にタイムマシーンが隠されていて限界を超えられない。細胞には宿命的な老いと寿命がある。そのメカニズムはまだ解明されていないそうです。今回の山中先生の大研究はこの問題に大きな風穴を開けたのではないかと思いました。
人間の欲望は限りが無く、何もかも思ったことを可能にしてしまうのではないでしょうか。
その一つの例が原子力を利用することを発見し、利用の仕方の最悪の到達点が原爆、水爆であったわけです。原子力は平和利用すれば、クリーンエネルギーですが、広島長崎の悲劇は現実のものです。
仏教は限りない人間の欲望をどのように抑えコントロールするかを教えています。
また与えられたものを受け止める、つまり受容することを説いています。いかんともしがたいものを素直に受け入れた上で、生かされていることを自覚する。生老病死の苦しみと真っ向から対立せずに、それぞれの苦しみを受け止めた上で、別に生かされている自分を見つけていくことだと思います。
生命の根源や謎を解き明かして、そこに能動的に立ち入り欲望の赴くままに人為的な作用を及ぼしていくことに対して、漠然とした不安を感ぜざるを得ません。
願くは、今回の山中先生のご研究が、世界中の研究者によって発展していく時に、原爆水爆のように悪用されずに、貪欲を抑え、節度ある利用方法のもとで人類の幸福に役立つものに進んでいって欲しいと思います。
ご感想をお寄せ下さい。
12月の納め護摩は12月24日(月)午後2時からお勤めします。
ご祈祷料がいりますがどうぞお気軽にお誘い合わせお詣り下さい。 慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2007年11月25日 | コメント(0) | No Trackbacks

<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ