青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ

初護摩のお話

平成20年の初護摩にご遠方からも多数のお参りありがとうございます。
初満月に初護摩をお勤めいたします。青蓮院のお不動様は強いお力をお持ちですが、満月に護摩を修することで一層強い成就がえられます。
特に一年の最初ですので、この一年のことをしっかりと皆さん念じていただきたいです。拙僧も一生懸命にお勤めさせて頂きます。
初護摩のご案内の中にもお願いしてご承知の通りですが、これから東山の将軍塚に大護摩堂を建立し、仏教の教えを軸に色々な活動をしてまいりたいと思っていますが、そのことをもっと広く知って頂くためにも、青不動様のご開帳を来年秋に計画しています。21年9月中旬から12月中旬です。今年から来年にかけて準備してまいりますので、ご支援の程お願いします。ご開帳をいまから楽しみにしていただきたいです。
今年の干支は戊子にあたります。戊は茂の草冠のない字で意味は草木や植物の茂る意味もありますが、余計な草を取り払う、つまり煩雑なものを整理したり下ごしらえをする意味もあるそうです。戊はつちのえと読みますが、木火土金水の土にあたります。土ということは今年は土台をしっかり築く年といえましょう。子は十二支の子で始まりの干支です。意味は種子の意ですから、つまり今年はつちのえの土に子の種をまき、それが芽吹いて行く年、いずれ茂って行く年、といえます。種蒔きの年ですから将来の発展に備えてしっかりと対処しましょう。
昨年後半から、アメリカのサブプライムローンの破綻が世界中に極めて深刻な金融不安を巻き起こしています。昨年の8月に表面化しました。当初は大したことはないと考えられていましたが、アメリカのシテイーバンクや証券会社大手のメリルリンチが莫大な損失を出し、サブプライムローン問題の被害は世界中の金融機関に広がっています。今年になりさらに問題は深刻になり先週末にブッシュ大統領が抜本的な景気刺激策を発表しましたが、解決に繋がらないとの評価で世界中の株価の暴落を止められません。
原油の値上がりが一時1バーレル100ドルを超す騒ぎで、マネーゲームによる投機資金によってつり上げられました。エネルギーの値上がりは何れ近いうちに諸物価の値上がり、インフレに繋がると思います。
アメリカから発した金融不安と不況が世界に悪影響を及ぼし、仕事はなく、企業は売り上げが落ち、給料は上がらない。その上物価が上がるというダブルパンチとなることも予想されます。今年は極めて厳しい年となると思います。
今日青不動様にお参りの方にはそのような厳しい年になることを念頭におかれて、ぜひともお不動様のお力をいただき、色々な苦難を乗り切っていただきたいと思います。
初めに申し上げたように、今年のつちのえ子の年は、じっくりと準備する年といえます。あせらずにお不動様によって、まず基本である身体健康、家内安全をお守りいただいていることを信じて、そしてお不動様のご加護をしっかりと信じていただきたいと思います。
その上で心に思っていらっしゃることが必ず成就するようお不動様に強く念じていただき、お不動様を信じていただくことが成就に繋がっていくと思います。
今日このようにお参りいただいたご縁は大変深いと思います。今日ここにお参りいただいていることが、そのままお不動様の強いお力に導かれた結果であると思います。皆さんの思いは自然にお不動様のお力をいただけると思います。
それでは年頭にあたり皆様とご一緒にしっかりと祈念してまいりましょう。慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年01月22日 | コメント(0) | No Trackbacks

12月納め護摩のお話

 年末も近づきお忙しい中、お参りありがとうございました。今年一年を振り返りどんな一年だったか。
 清水寺で発表された、漢字検定協会の今年の漢字は偽(だます)。次ぎは食、3番が虚(うそ)でした。この一年イノシシ歳のとおり大いに荒れた一年でした。出だしは平穏でしたが、食の問題、白い恋人、赤福、そして吉兆。偽であり、嘘の連鎖でした。安部さんも苦悩の内に辞任しました。今となっては5千万人の年金の未確認者を来年3月まで一人残らず調べることを公約することなど、最初から私は無理だと思っていました。「無理かもしれないが一生懸命やってみます。」とおっしゃれば良かったのですね。政治はやはり半分は、いい加減なものなのでしょう。
 このことを、ただマスコミの報道で興味本位にとらえるべきことでしょうか。私はおのれ自身の問題として、この嘘をつかないことが如何なる状況でも出来るのかどうか。本当に自分自身そのことに自信があるかどうか。そのように考えて自分を戒めるべきと思います。嘘をつかないこと、そして自分を偽らないことは仏教の根本の教えです。
 次ぎに大きな問題は、米国に始まったサブプライムローンの問題と、原油価格の異常なまでの投機的な上昇です。ガソリンは凡そ1.5倍になりました。サブプライムローンの問題は世界中を巻き込んだ金融不安に発展しています。株価は暴落し、投機資金は原油市場に回りました。サブプライムローンについては、いまもってその傷の深さを誰も正確に把握することが出来ていないとのことです。日本のバブル崩壊は日本だけの問題でしたが、サブプライムローンの問題は世界的規模です。ドルの信用を覆す大きな問題と私も思います。
 この問題の根底は、自分さえ良ければ、自分さえ儲かればとの飽くなき煩悩によって、世界中が狂気のように突き進んだ結果であったと思います。本当に情けなくなる程の人間の業であります。自分のことだけでなく、少しでも人のために。これが仏教の教えの根幹です。
仏教の教えに従っていればこのようなことは起こらないでしょう。
 来年は原油の高騰の影響によって、ボデイブロウのように物価の高騰、インフレに向かうことでしょう。一方お給料の方はそう簡単に上がらないでしょう。結局板挟みになるのは多くの普通の国民です。
 そのような状況を見通して信者の皆さんにはしっかりと対処していただきたいと思います。この様な大きな負の状況、個人の力では如何ともし難い状況の荒波に飲まれないよう、強いお力をお不動様にいただいていただきたいと思います。お不動様のご加護をいただき道を誤らないようご自身の成就に向けてしっかりと念じていただくことをお願いしました。
 初護摩のご案内をしています。どうぞお誘い合わせご参拝下さい。
 初護摩は20年1月22日、初満月に厳修いたします。
 ご案内状の無い方でお申し込みご希望の方は、遅くも1月15日頃までに当院事務所までお問い合わせ下さい。
 どうぞ良いお年をお迎え下さい。
                   門主 慈晃 

カテゴリ: 門主のお話 | 2007年12月24日 | コメント(0) | No Trackbacks

11月護摩のお話し

みなさん今日は。
ようやく京都の紅葉が見頃になってきました。
3連休の中の日もあって、京都中が大賑わい。人出はこの秋一番になったようです。交通渋滞でお詣りの方が大分遅れてこられました。ご遠方からのお詣りの方には大変ご苦労様でした。そのような中でお詣りいただき本当にありがたく思っています。
京都大学の山中伸弥先生が、21日まさに世界中を驚かせたノーベル賞級の研究成果を発表されました。
皆さん既に各種報道によってご承知のように、人間の皮膚等の通常の細胞から、ES細胞を作ることが可能になったとのことです。まさに夢ののようなことが現実になったわけです。自分の皮膚等の細胞から、心臓とか神経や骨といったあらゆる種類の細胞をつくることができるとのことで、いままでは生殖細胞つまり受精卵から取り出すことしかできなかった為、倫理上の大きな問題があったわけですが、この難問が一気に解決できることになりました。
しかもこのような大研究を日本人が成し遂げた訳です。こんなにうれしいことはありません。
世界中がこの最先端の研究に凌ぎを削っていたそうです。また山中先生のご研究を突破口として、今後は不可能であった病気の治療に革命的な進展が期待できるとのことです。
しかしながらこの大研究は、倫理上の問題は解決したわけですが、生命の根源に関わる大きな問題を内在しているように、私は感じています。
漠然とした思いですが、この研究がさらに発展していくと、私は恐らく将来は人間のあらゆる部分が再生可能になるのではないかと思いました。脳細胞もどんどん替えて、その他身体全体がいつもみずみずしい若い細胞に取り替えが可能になるのではないか。つまり将来人間の寿命が永遠になることもあり得るのではないか。
生命、寿命について、色々な説があると聞いています。細胞は新陳代謝で常に作り替えられていますが、老いには勝てないのが宿命です。つまり細胞分裂の中にタイムマシーンが隠されていて限界を超えられない。細胞には宿命的な老いと寿命がある。そのメカニズムはまだ解明されていないそうです。今回の山中先生の大研究はこの問題に大きな風穴を開けたのではないかと思いました。
人間の欲望は限りが無く、何もかも思ったことを可能にしてしまうのではないでしょうか。
その一つの例が原子力を利用することを発見し、利用の仕方の最悪の到達点が原爆、水爆であったわけです。原子力は平和利用すれば、クリーンエネルギーですが、広島長崎の悲劇は現実のものです。
仏教は限りない人間の欲望をどのように抑えコントロールするかを教えています。
また与えられたものを受け止める、つまり受容することを説いています。いかんともしがたいものを素直に受け入れた上で、生かされていることを自覚する。生老病死の苦しみと真っ向から対立せずに、それぞれの苦しみを受け止めた上で、別に生かされている自分を見つけていくことだと思います。
生命の根源や謎を解き明かして、そこに能動的に立ち入り欲望の赴くままに人為的な作用を及ぼしていくことに対して、漠然とした不安を感ぜざるを得ません。
願くは、今回の山中先生のご研究が、世界中の研究者によって発展していく時に、原爆水爆のように悪用されずに、貪欲を抑え、節度ある利用方法のもとで人類の幸福に役立つものに進んでいって欲しいと思います。
ご感想をお寄せ下さい。
12月の納め護摩は12月24日(月)午後2時からお勤めします。
ご祈祷料がいりますがどうぞお気軽にお誘い合わせお詣り下さい。 慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2007年11月25日 | コメント(0) | No Trackbacks

10月護摩のお話

今日は
昨26日午後2時より月例の満月護摩をお勤めしました。折から雨模様となりましたが多数ご参拝をいただきました。
以下その折のお話の要約です。
天台宗ではこのほど有名な千日回峰行の「堂入り」を見事32才の星野圓道行者が満行しました。10月13日に堂入りして21日早朝の出堂まで9日間、不眠、不臥(ふが)(横にならないこと)、断食、断水、にてひたすら不動明王の真言十万遍を読誦、修法して不動明王と一体となる文字通り命がけの行です。堂入り前に既に700日の回峰行(比叡山から坂本まで毎日祈りながら徒歩にて巡る行)を済ませ、出堂から再び300日さらに距離を増して回峰行を行うものです。その中でも「堂入り」は、まさに死を覚悟して行い、医学的には到底説明の付かない身体の状況を克服するものとのことです。心の深いところから強い信仰に支えられなければ満行は難しいと思います。
私はとてもこのような回峰の行を行うことはできませんが、不動明王を祈ることでは同じ気持ちで頑張っていきたいと思っています。
最近また食品を扱う会社が次々と不正を行っていたことが発覚しました。既にニュース等でご存じの通り、老舗の赤福が、餅やあんを再利用したり、原材料の表示を偽ったりしていたことです。社内の隠語で「むきもち」「むきあん」といわれる行程があって、まさに生産工程の一部のように売れ残り製品が再利用されていて、またその処理の種類によって、ラベルの表示に巧みな印字までされていたとのことは、ただただ驚き呆れるばかりです。さらには比内地鶏として宣伝販売していたものの中にブロイラーが含まれていたとのこと、雪印や、ミートホープ、ハンナンの偽装牛肉、白い恋人の石屋製菓、不二家の期限切れ材料使用、等々枚挙のいとまなく、こうなると、多かれ少なかれ殆どの食品にこのようなことがあるのではないかと思わざるを得ません。
これらのことは全て「うそをつく」というひとことであります。仏教ではこの嘘をついてはいけないことを一番重要な戒、つまりいましめと位置づけています。諺に「うそは泥棒のはじまり」と云われていますし、一つ嘘をつけばその嘘を塗り固めるためにまた嘘をつかなければならなくなり、嘘の連鎖がおこりがちです。嘘をつくことは人をだまし、欺くことになり、さらに最も恐ろしいことは自分自らを欺いている訳です。一端嘘をついてしまうと次第に慣れっこになり麻痺してどの様に悪いことを及ぼしているかにも気が付かなくなってしまうのです。
赤福の問題はテレビや新聞、マスコミが大きく取り上げやり玉に上がっています。興味本位にとんでもないことだと思っておられる方が多いと思います。
しかしながらこの赤福の経営者がやったこと、嘘をつくということは、われわれ自身が同じように、嘘をつきやすい弱い人間だということを自覚しなければいけないと思います。他人事でないと思わなければいけないと思います。自らに問いて、恥ずかしくないよう、自分を偽らないように身を正していかなければならないと思います。
自分一人の心の弱さを不動明王の大きなお力によって助けられ、善いことを成就していくよう日々精進して参りましょう。善いこととはなかなか難しいことですが、いつも申し上げるように、自分だけのためでないことを行うことだと思います。

お話は以上ですが、以下はご案内まで。
明日27日より恒例の青蓮院ライトアップがはじまります。いつもお詣りのかたにはご招待券を差し上げました。秋のひととき、どうぞ親しい友人や恋人、職場の仲間、ご家族連れ、もちろんお一人でも、どうぞ。
紅葉は例年ですと11月中旬位いからです。
日常の煩わしさから離れて色々と物を考えたり感じたりしてみて下さい。
お待ちしています。
今日初めて護摩に参加した方に少し要領をお話しして終わらせていただきました。
一度護摩にお越し下さい。  門主 慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2007年10月27日 | コメント(1) | No Trackbacks

9月護摩のお話

 こんにちは。9月の護摩です。1ヶ月の経つのが何と早いことか。 10月も間近なのにまだ暑いです。
 今日は東京や神奈川からもお詣りいただきました。ありがたいことです。
 神戸の有名私立高校の3年生が自殺して、その原因がいじめによるものと判明、3人の同級生が逮捕されました。時津風部屋の新弟子が、やはりいじめと過度なしごきによって、稽古中に亡くなりました。いずれも、度を超したいじめや制裁であったことは明らかと思われます。
 両者に共通のことは、いじめや制裁があまりにも常軌を逸した、そして過度なものになっていたことだと思います。人を殺す所まで追い込むと云うことは、どんなにすさまじいものだったか。理性や冷静な判断が遠のき、感情と欲望にただ身を任せた、けだものの様な行為と云えます。
 今の世の中は、この事件に係わらず、なぜかとことんやってしまう傾向、つまり心(神経)が研ぎ澄まされているのか、逆に諸々の重圧で心(神経)が麻痺してしまっている状態にあるように思います。
 神戸の事件の場合、有名私立高校で、入学するためにまず凌ぎを削って人を蹴落としてまで自分だけ入れれば良いとの考えの生徒が多いのではないかと思われますが、入学してもさらに有名大学を目指すための熾烈な競争があるのでしょう。そのような中では自ずと自分だけ良ければ良い。裏を返せば人が苦しんだり損することが、気持ちの上で、はけ口になるのではないでしょうか。
 佛教の教えでは、人にはそれぞれこのような悪い心もあるが、同時に人の為に尽くす、人を思いやるやさしい心も併せ持っている。出来るだけ悪い心(煩悩)を抑えて、善いことを行うよう努力しよう。と説いています。
 私は佛教の教えが人々の中に実践されて行けば、このような事件は起きないと思います。たとえ起きるとしても尊い命が奪われるまでに至らず、ほどほどのところで止まるものと思います。
 今青蓮院では、東山の山頂の飛び地境内の将軍塚に国宝の画像青不動明王をおまつりする防火、防災の本格的な護摩堂の建立を計画しております。(現在の青不動像はやむなく複製の画像にお移り頂いて、本院内の本堂にて日々のお勤めを厳修しています) 
 この東山山頂の将軍塚の地は、京都市内を大パノラマで一望に出来るばかりか、紅葉、桜、桃の名所の境内庭園の中にあり、春、秋の景観は大変すばらしい所です。ここに皆様の心の安らぎとなる、そして佛教の教えにご縁を結ぶ道場を建設したいと思っております。
 今日本人の心の中が、すさんで風が吹き抜けているようにも思います。この道場から広く、多くの人に佛教の教えの暖かさを発進したいと念願しています。
 護摩のご参拝者にはご寄進ご協力の輪を拡げていただきたい旨お願いしています。詳しくは本ページの青不動明王ー大護摩堂建立を御覧下さい。
 このブログお読みいただきありがとうございました。ぜひ一度、満月の護摩にご参拝下さい。ご参拝の折にはこのブログを見たと。
 10月の護摩は、10月26日午後2時からお勤めいたします。        門主 東伏見慈晃 拝。
 
 
 

カテゴリ: 門主のお話 | 2007年09月28日 | コメント(1) | No Trackbacks

<<   2018年11月   >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ