青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 門主のお話

8月護摩のお話

8月護摩のお話

暑い中をお参りいただきましてありがとうございます。
今夜の満月は良く見えると思います。

8月15日の終戦の日のNHKスペシャルご覧になりましたか?

私は非常に興味を持って見ました。

昭和20年全ての戦力を失っていた日本の戦争指導者達は何故
戦争を早くやめられなかったのか?がテーマでした。

以下その放送の要約です。

当時、最高戦争指導会議には外務大臣、陸軍大臣、海軍大臣、参謀総長等の6人がいて、その合議で最終結論を出し御前会議にはかる仕組みであった。

6人は天皇の下に平等で、簡単に言えばそれぞれの部署の利益代表であったため、6人の内、誰も日本全体の利益代表でなかったことが悲劇となった。

最近明らかになった事実は、昭和20年2月ヤルタでソ連は英米と
日ソ不可侵条約を破って対日参戦することを密約していたことを、
日本は海外の諜報活動によって、早くから軍部上層部に伝えていたことが判明した。

ソ連参戦のことは、永らく終戦間際に突然ソ連が参戦したことになっていたが、6人の中にはその事実を複数の人が知っていた。しかし敢えて伏せられ、ソ連参戦についての対応策が協議されることはなかった。当然天皇に奏上する機会は失われた。

6人は早期に戦争終結しなければいけないと、個人的には承知していたが、最後に一発敵側にダメージを与えてから、和平交渉を進めたいという甘い認識と本土決戦、玉砕といった軍部主戦派の力を押さえられなかった。

また最初に作られた作戦に合わない情報は排除された。
また降伏した時、国体の護持はどうなるのかとの問いが出されると議論は止まった。

5月ドイツが降伏した後、ソ連の関心は一機に極東に向かった。ソ連が日本への対日参戦を英米に合意させていたことが、6人の共通認識になっていれば、外務省はソ連と和平交渉をしなかっただろう。空しく時が流れた。

6月にスイスの武官が、今ならアメリカが交渉に応じるという情報を送っていたが、海軍大臣がアメリカの陰謀であるとの判断で無視された。

そして徒に時が流れ、7月に米国は原爆実験に成功。2個の原爆。
ソ連の参戦。シベリヤ抑留。等々。

昭和20年に入って終戦までに亡くなった人はある集計では30万人。

私はこの一連のどうしようもない流れに、現在の日本の官僚と政治家の無能な行動が非常に似ていると感じました。

國際競争力を失う30%の円高。シャープの経営不安は氷山の一角で雪崩をうって日本の産業が崩壊していき、優秀な技術や技術者が中国、韓国等に流出。日本は本当に大丈夫なのかと心配です。

単純な市場介入ではなく円高を止める方法はいくらでもあるはずだと専門化が指摘していますが、その決断ができ、実行できる立場にいる人が実行しない。おかしいおかしいといって時が流れて行く空しさです。

戦争を早期に収束出来なかった6人。今まさに同じ様に、しかるべきポストにいる人が、責任をとらず、何もしないと思います。

どうしたらいいのですか。

この事態は暴動が起きて可笑しくないと思うのですが。
この国が日本でなく他国であれば。

伝教大師のお言葉に一隅を照らす、というお言葉があります。
与えられた自分の全てを投げ打って周囲を照らしていこう。ということですが、トップにいる人間は照らす範囲が日本全体とか、世界とか広くなるのです。

せめて我々一井の人はそれぞれ小さい範囲であっても、しっかり己の持分を自覚し、周囲を照らしていきたいものです。

このやり場のない思いを込めて、暑い暑い護摩供をお勤めいたしました。

慈晃 拝

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年08月31日 | コメント(1) | No Trackbacks

7月護摩のお話し

今日は暑い中をお参りいただきありがとうございました。

先月下旬に中国の西安と敦煌に行ってきました。
西安には、大興善寺というお寺があります。
この寺は、天台宗にとって、また青蓮院にとっても極めて関係の深いお寺です。
天台宗第3代の座主の慈覚大師円仁さんが、遣唐使として仏教の教えを究めるため修行をしたお寺であり、青蓮院のご本尊の熾盛光如来や、密教関連の多くの修法の伝授を受けて帰国し、日本の仏教の礎を築く基になったお寺です。

来年1月14日は慈覚大師1150年のご遠忌にあたり、その後も伝教大師はじめ緒大徳の遠忌が続くため、天台宗では今年から10年間を大法会の期間として大法要を勤めてまいります。

そこで大興善寺にお参りし、円仁さんへの報恩のお勤めをしてまいりました。
ご縁があって滋賀教区の有志のご住職達と、書道の会の方々の一行となりました。

西安は歴史上は長安として、世界的に繁栄した都でした。
現在は人口840万人。巨大なビルが林立し、さらに建設途上の大建造物が随所に見られ、広い道路に車があふれ、町中は人でごったがえし、夜中に至るも喧騒が静まらない、異常な光景を目のあたりにしました。

しかし、円仁さんの在唐時に会昌の廃仏があり、近年では文化大革命の廃仏を経ていますが、大興善寺は厳然として存在し、境内は多くのお参りの人々で賑わいを見せていました。

ご住職とも親しく交流することができましたが、円仁さんが修行されたご縁を極めて大切にされていることを、短い時間でしたが、強く感じる事ができ嬉しく思いました。

敦煌はまさにシルクロードの出発地として、中国悠久の歴史の中に連綿として栄えたオアシスです。
西安から飛行機で2時間。まさに沙漠の中に忽然と存在しています。
殆んど雨がふらなくても標高6千メートル級の山から流れる雪解け水で、広大な畑が潤い、穀物や果物が豊富で、豊かな暮らしぶりとのことでした。

敦煌で一番有名な莫高窟に行ってきました。
巨大な砂丘の西の外れに大岩盤があり、その岩壁をほこら状に掘って仏像や、仏画が描かれています。
窟は何百もあり、まだ調査中です。巨大な大仏や大涅槃像もあります。

この圧倒的な遺産が語りかけてくるもの。

死を覚悟してシルクロードを旅し、無事帰国できたことに対して仏様への感謝の気持ちを
顕して制作されたとのことを聞いて、当時の人々の仏教への無垢なまでの篤い信仰、
そのひたむきさをひしひしと感じました。

玄奘三蔵が、敦煌を出発して命がけの旅によって、莫大な経典をもたらしたことも、
郊外の猛暑の沙漠にたつと、まさに信じ難いものして実感できました。

三蔵法師は唐の皇帝からも篤く敬われ、全ての漢訳経典が円仁始め遣唐僧によって、再び命がけで日本にもたらされています。

そして1千年を越える年月を経て、今があるわけです。

今、仏教を信仰してお参りをいただける、皆さんに、
そのように命をかけて伝えられた仏教であることを、お伝えしたかった。

また、それほどまでにして伝えられたことの重みを実感すると、
僧侶として日々の精進が究めて足りないことを猛省する次第です。

慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年07月05日 | コメント(1) | No Trackbacks

6月護摩のお話し

 初夏の陽射し、夏が近いですね。今夜の満月は部分月食だそうです。
 先月はフルムーン。特に天変地異はおきませんでしたが、ギリシャの財政破綻に発した欧州の経済不安が世界中に蔓延して、リーマンショックを上回る世界株安。そして日本が標的になる超円高。無能な政府。

 日本は財政破綻していないと判断され、日本の国債が海外から買われ、円も益々買われる。
 ところで財政が健全化したら、円はもっと買われる。そうしたら輸出立国の日本経済は完全に窒息死するのでは。
 日本が太平洋戦争に突入する流れを止められなかった当時に似ている。

 消費税を上げて、財政の健全化をする必要は全くない。財政は今のままでも世界中から評価されているから。
 増税するのだったら、そのお金を原発に代わる、新エネルギー転換の開発費にあて、官民合同で大至急取り組んで欲しい。
 今日新聞にでていた、神戸大で研究の『ネプチューン計画』。具体化に向けて直ちに動いて欲しい。
 夏場の電力不足を補う一時的緊急避難として、大飯原発は一時的再稼働すべき。
 デフレの脱却、脱円高脱出。経済の活力増大。雇用の拡大。好景気を目指せ。これこそ政府の喫緊の課題と思います。
 民の夕餉のかまどの煙が勢い良く立ち昇らない政治では、消費税を際限なく上げなければならないと思います。

 毎日、ご本尊熾盛光如来、青不動さまに懸命にそのことを祈っていますが、お聞き届けいただけません。
皆さんも一緒に祈ってください。そしてもっと声を大にして世の中に訴えたいです。

今日は何の日?

 伝教大師最澄の遷化の日です。最澄さんが今の世にいらっしゃたらどのように対処されるでしょうか。
 私は、権力の中枢にある人、それぞれの分野で国を動かせる人こそ、自分を全て捨てさって、人のため、つまり国の将来のため、国民のため、に働かなければいけないと、直接その人達に会って強く説かれたと思います。

 天台宗では今年4月から10年間、祖師を讃える法要を10年に亘って行います。
最澄、円仁、相応 恵心僧都 それぞれの遠忌。

 それぞれの祖師がたは国のため、つまり広く人々のために、どれだけ尽くされたか。
 いま私はなにもしていない。

伊藤真先生の『記憶する技術』を読みました。

 密教の成就。に通じることがたくさん書かれていて、非常に興味深く、皆さんにもお奨めします。

 護摩の時には、詳しく内容をお話ししたのですが、こちらでは省略しておきます。

 お読みいただいて、私が興味深く感じた所が何処だったか、お分かりいただけると思います。

ブログかメールか、ツイッターして下されば幸いです。

慈晃 拝

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年06月04日 | コメント(1) | No Trackbacks

5月護摩のお話

今日はスーパームーンです。約18年に一度の周期でめぐってくるそうですが、月が地球を、だえん状に回っているため、月が最も地球に近づいた時と、満月の周期が重なる時点をスーパームーンといいます。
なんと月の大きさが一番遠のいた時と比べて14%も大きく見え、明るさは30%強くなるそうです。
もちろん月の引力の強さも増す訳です。

以前からお話ししていますように、満月の月の及ぼす影響は極めて大きいのですが、その月の力を上手に利用してきたのが密教でありまして、私が青蓮院に入り満月の日を月例のお護摩の日に変更してから、すでに13年目を迎えています。

スーパームーンは約18年周期ですが、昨年の3月19日もそうだったのです。なんと1年足らずで続くことは異例です。俗説ですが、スーパームーンには地震とか、天変地異が起き易いとの説もあり、昨年の3月11日はスーパームーンの応答日ではありませんが、近い日ですので、地震発生に月の引力の見えざる大きな力が関わっていたのかも知れません。

この前起きた関越自動車道でのバス事故。だんだんに色々なことが見えてきました。
そのことで、感じたことをお話しします。

バスツアーは安くなくては成り立たない、過当競争の世界です。
ツアー会社は乗客の安全は二の次、頭にあるのは経営のことばかり。
バス会社も孫受けで、中間業者が紹介料をとり、実際の運転手は中国人で自ら違法な白バスを運営。
どこが責任をとるのか、被害を受けた方々は、やり場のない怒りをお持ちのことと思います。

この背景には社会の異常なまでの、安売り競争、長期にわたる超円高、そしてデフレスパイラルと経済の閉塞感があると思います。
この円高とデフレの流れを変えられない無能な政府と金融経済官僚の存在もあると思います。

利用者は安ければありがたいが、その奥に大きな皺寄せがあることを思うと、悲しさと空しさを感じます。

今回の東日本大震災で世界中の人が整然と並んで救援物資を受け渡しする姿に、そして原発被災地や、当日の大都会東京で暴動や商店の破壊略奪が起きない日本人の姿に驚き、そして惜しみない賞賛を受けたことはご承知の通りです。

このような日本人の国民性はどのようにして形成されたのでしょうか。
有史以来日本は島国で他国の侵略を受けず、山紫水明の恵まれた四季の移ろいの恵みを受け自然に感謝し、一方で、狭矮で不足な国土であることから、足るを知ることを知らされ、つつましく、勤勉に、そして真面目で自然に対して率直であることが培われたと思います。

さらに時々襲う、台風や地震、火山の噴火といった自然災害の苦しみに耐え、その中から再生する活力を持つ粘り強い底力を併せ持ったのだと思います。

そして、この日本人の培ってきた精神力を、私は仏教の教えが背後から支えてきたと思います。

特定のこの事故でなく、社会の多くの分野で、日本人の固有に有していた、つつましさ、真面目、勤勉さ、足るを知る、人に迷惑をかけない、等とは異なる価値観。すなわち 大量に、安く、便利に、使い捨て、速く、楽しく、人を押しのけても自分だけ良ければ、あるいは責任回避といった、戦後の価値観に我々がどっぷりと浸かってしまっていることを、この事故から知らされたと、思うのです。

社会の全ての仕組みが、怒涛のようにその方向に固まっていくと思います。

そして長い間には、それが日本人の精神性に変わってしまうかもしれません。

しかし私は震災で表れた、日本の精神性を、大切にして行きたい。

それは仏教の教えが背後にあると思うからです。

慈晃 拝 

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年05月06日 | コメント(1) | No Trackbacks

4月護摩のお話

例年であれば、桜満開のところ、寒いですね。比叡山では一時、真冬のように、雪が舞っていました。

私は昨日まで4日から11日まで行われている比叡山での、御修法に参勤してまいりました。本来であれば、下山できないのですが、今日のお護摩のためお許しをいただいてまいりました。

天台宗では、平安時代から伝えるこの大法要を毎年お勤めいたします。

国家の繁栄と皇室の安寧を祈り、声明といってお経に節をつけて唱え、一日3座、計21ヶ座の密教法要です。

天台宗の高僧(私を除き)19人が、精進潔斎、祈りを奉げるのですが、今年のご本尊は三千院に伝わる七仏薬師法です。

4年に一度青蓮院のご本尊の大法要も順番で回ってきます。
一般には親しくお薬師さんといっていますが正式には薬師瑠璃光如来といって、東方浄瑠璃世界にいらっしゃる仏様で、我々のありとあらゆる苦しみ、苦悩をお救いいただき、幸せと限りない満足を与えていただける仏様です。
比叡山根本中堂のご本尊もお薬師さんです。

国の繁栄、皇室の安寧を祈り、震災の復興、原発事故の早期収束、脱原発を祈願してまいりました。
さらには今日お集まりの青蓮院にご縁あってお参りの皆様のことを思い浮かべまして、それぞれの皆様の苦が除かれますよう、お心が少しでも安楽になられますように念じてまいりました。

もともと人間は生まれてから死ぬまで、苦の連続であるとお釈迦様が説かれました。
生きること、老い、病い、そして死の恐怖。愛する人と共にできない苦。嫌いな人と付き合わなければならない苦、求めれば求めるほど得られない苦。
この身の、そしてこの世は一切が苦であると。

その苦の根源が、煩悩。つまり自己保存の本能にもとずくもので、これを取り除くことができないのがさらに苦である。

こうなりたいと願い、一生懸命努力をして、いくら頑張っても、自分の力の非力さをつくづくと思い知らされることがどんなに多いことでしょうか。

その苦しみを救い、大きな道を示していただけるのが、仏様でありますし、お不動様です。

そのお力に身を委ねること。そこに救いがあり、安楽と満足がもたらされるのだと思います。
苦しみと戦えば、苦しみに押しつぶされてしまいます。

慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年04月07日 | コメント(1) | No Trackbacks

<<   2018年02月   >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ