青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 門主のお話

9月護摩のお話

9月護摩のお話

大阪は竜巻、京都も明けがたは雨と雷。悪天候の中でも大勢の方にお参りいただきありがとうございました。護摩の頃から雨も上がり、夜は満月が雲間を泳いでいます。

先月に続き、正見(しょうけん)正しく見る。ことについてお話しします。

9月初旬に上海万博に行ってまいりました。

中国共産党の若手の力のある方のご縁で特別待遇で会場にも入れていただき、上海の三大仏教寺院を正式に訪問する機会も得て、日中親善に少しばかりご縁をいただきました。
上海の発展は目を見張るものでした。人口も19百万。経済発展からも、既に東京を凌駕しているなと思いました。
中国の国力がここまで上がっているのかと実感しました。
ただ中国の抱える大きな問題もその若手の共産党幹部の方から汲み取ることができました。

貧富の差の拡大。
貧困で底辺にいる巨大な人口。独裁的な政治を強行する中でその人々の不満をいかに鎮めていくか。
日本たたきはこの問題を解決するための政治主導で行われていることが窺われます。

帰国後、程なくして尖閣諸島の問題発生です。

尖閣諸島での、中国漁船衝突事件をめぐる中国の対応は温家宝首相が国連総会出席の中で、船長の即時無条件釈放を極めて強硬に求めました。温家宝首相が公然と衆目の中で表明したことで、後に引けない中国の強烈な主張です。船長の日本の裁判を認めれば、尖閣諸島は日本の領土であることを間接的に認めることになるからでしょう。日本が要求を拒否すれば「日本に強烈な対抗措置」をさらにとるとして脅しをかけています。

私は日本の戦後の歴史教育のありかたに常々問題ありと思っています。
それは、現、近代の歴史を深く教えていないことです。

歴史教育は石器時代、縄文、弥生からじっくりと始まり、最後の現、近代は殆ど省略です。
又現、近代については思想的なこだわりから、日本の国としての独立と自尊の意識に自虐的な歴史認識もあり、深い洞察を回避したり、タブー視してきたことにもよると思います。

私は歴史教育は、今を出発点にして、何故今があるのか?を、キイーワードに次第に過去へ遡って行く仕組みに全面的に改めるべきと思っています。

尖閣諸島の領有権について、多くの国民は日本の主張の根拠を知らないか、知らされていないと思います。

この問題を中国が公然と自国の領土だと主張している時に、国民に対しても、世界に対しても、とりあえず、責任ある立場の、外務大臣や総理大臣は日本としての根拠をしっかりと表明すべきと思います。

中国はこれだけの強硬姿勢をとるには、それなりの根拠をもった主張があります。そして日本の主張をもちろん当然知った上での今回の対応です。従って日本は、まずは日本人に、そして國際社会全体に日本の根拠を
自然な形で主張するのが極く普通のことでしょう。違いますか?

にも拘わらず何故明確に主張しないのか。
主張したら喧嘩は益々エスカレートするとでも?

中国は日本の主張を熟知した上で、さらに云えばその主張を排除できると考えているのでしょう。
日本が反論すれば、中国は恐らく真っ向から否定するでしょう。でも日本は、主張しなければ、知らない人には大国中国の主張が最もだととられてもいたしかたないでしょう。

中国は東シナ海の油田の権益の確保という国益のため、日本叩きの世論の恣意的な煽動と、親善のための全てのルートを遮断してきました。まさに國際信義に反することだと思います。ひょっとしたら中国は既にアメリカとグリップしているのかも知れませんよね。
また来年に迫る主席の交代への思惑であるとも云われています。

今一番悲しいことは、日中の政治の指導者の中に、お互いに個人的に親しく、心から信頼しあえる親密な関係にある人がほとんど誰もいないようなのです。

表面上対立する両国の難問でも、そのような人がいれば、歩み寄り、接点を見い出し、両国の共通の利害のため解決の糸口を作ることが可能なのですが。長い地道な活動が無かった証拠をまざまざと見せられている気がします。

正見。相手を正しく見る。相手の真意は何か。相手を知らないで交渉も戦いも出来ないと思います。

外務省がどの位、主要国と緊密な人的パイプと諜報活動を真剣にしているのか。国益を考えた活動をどれだけ
しているのでしょうか。今の事態はまさに何もしていなかったとしか云いようがありません。

前原外務大臣は私の選挙区です。できれば機会をいただいて、このことについてお話ししたいと思っています。

ご参拝の皆さんも、国のことにも少しは関心を持ちましょう。

そしてご自分の関わる諸問題も、正見。つまり深く実地に見て、常に相手を知り尽くす努力をしたいと思います。
相手を知れば知るほど、理解すればするほど、ものごとは真に求められ得る最善の道に導かれるのだと信じます。

仏教が説いていることです。

カテゴリ: 門主のお話 | 2010年09月23日 | コメント(2) | No Trackbacks

8月護摩のお話

8月護摩のお話

連日の猛暑です。この暑さの中、よくお参りいただきました。ありがとうございます。
さらに私はお護摩の炎で焼かれます。でも私はお不動様に守られ熱中症にはならないと思います。(笑い)

今夜はぜひ満月を眺めていただき、心の中に青不動様を思い描いて見て下さい。

ものの見方は見る人の気持ちでなんとでも変わってくる事を先月お話ししました。
お釈迦様は八正道を説かれました。
悟りに至るための八つの正しい心の処し方です。
その第1番が正見です。
つまり正しく見ると言うことです。

ここにガラスのコップがあります。氷入りのジュースが入っています。
実は二重構造になっていて、間に空気の層があるんです。ふたにも工夫がされています。
冷たい飲み物は、冷たく、暖かい飲み物は、温かく。長持ちします。電子レンジでも使えます。
デパートで買い物をしたおり、一寸眼に止まり、機能が面白いしデザインも良かったので衝動買いをしました。
その時店員さんがこれは中国製ですといいました。
私は恐らく日本で設計されて、中国で製作し再び日本に輸入されたのではと考えました。
お値段も手頃なものだったからです。

私はこのコップのような中国製の商品は日常我々の眼に触れる物の内、非常に大きなパーセントを占めていると思います。

今日、円は83円台になりました。日本の経済は輸出によっているので、受け取りが目減りします。
しかもこの異常で急激な円高は、並大抵の努力では吸収できないでしょう。企業はリスクを回避するため、海外での生産、海外での販売で生き残ろうとして、結局殆どの商品が中国製となっていきます。
他にも中国は人件費が安いという理由もあります。
日本では製品の企画や、開発のみ、従って少数の頭脳があれば良い。働き手はいらない。産業の空洞化と
云われてきました。苦労してやっと大学を出ても、就職先がない、若者に望みや希望のない国に。
この円高はさらにこの流れを加速するでしょう。

このガラスのコップを見ると、そのような事が見えてきます。
正見、正しく見ること。単に表面的に機能やデザインが良いということではない。深く見れば、円高と日本経済や社会構造の危機の問題が見えてきます。

相手を見ること。家庭でも社会でも人との繋がりは人生の大部分を占めています。
相手を良く見る。正しく見る。このことが物を見ることと同様に非常に大切なことです。

なぜ相手は私の気持ちを理解してくれないのか。なぜ私の思いを受け入れてくれないのか。
なかなか思い通りに行かないことが多いです。こちらの思いが強ければ理解を得られない時の失望も逆に大きいでしょう。

これは特に恋愛のことではなく、普通の社会生活、仕事の人間関係でも同じことです。
私が私がと思っていれば、相手のことは見えなくなる。出来るだけ深く相手を見ること、相手を知ること、相手の考えを知ること。つまり「正見」正しく見ることだと思います。

謙虚に私を離れて、相手を知ることによって、私の考えも変わって、相手は私を理解してくれると思います。

お釈迦様は、八正道の第1にこの正見をお考えです。

カテゴリ: 門主のお話 | 2010年08月25日 | コメント(1) | No Trackbacks

7月護摩のお話

7月護摩のお話

今日は本当にすごい暑さです。この暑さの中、よくお参りいただきました。ありがとうございます。

昨夜は月がほぼ満月でとても美しかったですが、今夜も良く見えると思います。
夜はぜひ満月を眺めていただき、心の中に青不動様を思い描いて見て下さい。

皆さん10円玉は丸いと思っていらっしゃいますよね。
ところがこれはものすごく長い長方形でもあるのです。つまり真横から見ると長方形です。
そして10円の価値がある。100円ショップに行くと随分色々なものがあります。
その10分の一の価値ですから、10円でも随分価値があるのです。

つまり10円玉は丸くなく、長方形で、そこそこの価値をもっているということになります。
このような見方もできるのです。

見方は見る人の気持ちでなんとでも変わっていきます。

お釈迦様は八正道を説かれました。
悟りに至るための八つの正しい心の処し方です。
その第一番が正見です。
つまり正しく見ると言うことです。

今我々はマスコミによって作られた情報の中で、同じ様な方向を見させられているのではないでしょうか。

中国の上海万博の海外推進室の日本主席代表の徐てきみんさんが、先週京都を訪問された折、ご縁で私をお訪ね下さいました。

色々なお話を聞き大変ためになりましたが、徐さんがおっしゃるには、日本がサッカーの世界大会でベスト16に残った時、上海の全ての新聞のトップ記事は全部、日本を称える記事だったそうです。
日本のサッカーを称え、日本に見習わなくてはとの論評だったのですが、そのように中国が日本を扱ったことを、日本のどのマスコミも報道していなかったと徐さんは言っていました。

正しく見ること、それは自分の目で、実際に見る事が大切だと思います。そして人やマスコミの論評で判断しないで、自分の考えでしっかりと物事を掴むことですね。

お釈迦さまはしかし、正しく見る。つまり正しくという難しいことをおっしゃています。
これはどういうことかといえば、自分の我欲の目で見るな。自分のためだけのために相手やものごとの対象を捉えるな。慈悲。つまり常に相手にどれだけのことが出来るかを思って、見ることが正見(しょうけん)である。と説かれています。

お不動様に向かって座し、祈るときこのような気持ちを持つことで、ご自身の目標に向かう余裕やヒントが産まれてくると思います。

カテゴリ: 門主のお話 | 2010年07月26日 | コメント(0) | No Trackbacks

6月護摩のお話

6月護摩のお話

今日は蒸しますね。満月も望めません。暑い護摩になると思いますが、皆さん頑張って下さい。

お釈迦様が説かれた中に、四句八苦ということばがあります。
生、老、病、死、の4つの苦しみの他に、あと4つあります。

その中の一つに「求不得苦」があります。

求めても、得られない苦しみですね。

我々の日々はほとんどこの「求不得苦」であるといっても過言ではないでしょう。
我々は欲望のかたまりですから、生きている限り、次から次へと求め続けています。

ああしたい。こうしたい。ああなりたい。あれが食べたい。あれが欲しい。際限もない欲求。
求めて、求めているのですが、実際にそのことを得ることは、なかなか難しいです。
求めても、得られないことがどんなに多いでしょうか。大きな苦しみです。

求めることに、こだわるほど、得られない苦しみも大きなものがあります。

マツダ自動車で、たくさんの人を殺傷した犯人の心の中はどうなっていたのでしょうか。恐らく
彼は常に欲求不満のかたまりだったのでしょう。その上孤独でだれとも心を許して話し合える人がいなかったと思われます。
彼がもし、仏教を信じ、お不動様や、阿弥陀様に手を合わせる人であったら、犯行に及ぶ前に
こんなことをして良いのかと、自省の心が働いたと思います。

我々は常に「求不得苦」の苦しみを味わっていますが、一線を越えてまで暴挙にでることはありません。彼の特殊な心の状況がそうさせたのでしょう。

しかし我々も常に多かれ少なかれ、この苦しみを克服しきれない場合があります。
人を殺すことはありませんが、言い争いや、不満をあたりに撒き散らしたり、小さい子供がおもちゃを買ってもらえないで、泣き喚くに似たことを大人もやっていると思います。

それでは仏教ではこのことにどのように対処しているのでしょうか。

人は全て欲望のかたまりですが、その欲望に「とらわれるな」と説いています。

そして出来るだけ、その欲を自分以外の人のためになるように向けることが、この苦しみから開放され、喜びとなると、説いています。

欲は捨てたり、封じ込めることはないと思います。
欲は大いに膨らませ、出来るだけ人の為になる欲に近づけて、そして、その欲が満たされないときは、あまりこだわらないことですね。

私は、そのような時、次のように「つぶやく」ことにしています。

「かまわない」と。

自分の思い通りにならない場面に遭遇した時、「それでかまわない」と口の中でつぶやいて見るのですね。

魔法のようにこだわりから開放されます。

どうぞ試してみてください。

カテゴリ: 門主のお話 | 2010年06月26日 | コメント(0) | No Trackbacks

5月護摩のお話

5月も末なのに、肌寒く不順な天候が続いていますね。

まずARMS DOWN の署名にご賛同ご協力いただきありがとうございました。

WCRP 世界仏教者平和会議が世界の軍事費の  10%を削減して、そのお金を世界の貧困と飢餓の撲滅にあてようと呼びかけています。
 
天台宗では半田座主が署名し、全国の天台宗の寺院が檀信徒に呼びかけているところです。

昨日、宗内の近所のお寺で代々親しくしている住職さんのお葬式がありました。
私より5歳も若く(63歳)遷化され、驚きと悲しみ、悲嘆の極致でした。

10年前に癌が見つかり、治療をしてこられて、全く普通に活動されていたのですが、最近再発されて急に
ご容態が悪化していたのです。20日に虫の知らせか、お見舞いに行きました。

そのお寺は法住寺さんです。後白河法王をお祀りし、身代わり不動明王で有名です。ご住職は「いまよう」
の復興に勤められました。20日にお見舞いした時は、5月2日には壇ノ浦の赤間神社の先帝祭(40万人の
人出だそうです)で今様と天台声明を奉納をされたお話を元気にお聞きすることができましたのに、
24日に訃報に接するとは。本当に信じられません。後でご遺族に伺ったところでは、酸素ボンベを使い
車椅子で高台の拝殿までいかれたそうですが立派に法要をお勤めされたそうです。

この7〜8年で、立派な不動堂の建替え。庫裏の大修理。他数々の事業を息つく暇もないほどで完遂されました。

恐らく最後の十年で思い残すことのないまでに頑張られたのだと思います。

そして全く手の届かないところへ突然と遷化されました。人の命のはかなさ、無常を感じます。

仏教ではまさにこの「無常」を説いています。

無常とは常(つね)で無いということです。
人は今の瞬間瞬間に死んで、瞬間瞬間に新しく生まれている。つまり今日と同じ様に明日があり、
明後日があり、一年があり、来年があるのでは無い。

常(つね)にあり続けるものは無いのです。
我々はともすれば、今日の延長線に同じ様に明日がある。と思っています。本当は違うのですね。
今日出来なくても、明日やれば良いと、日伸ばしにしてしまうことが良くあります。
本当は常に同じ様に明日は無いのです。
ですからこの一刻一刻を大切に、いただいた命を生かしていかなければと思います。

良く死んだつもりで頑張れとか、死にものぐるいで頑張れとか、言葉にはいいますが、
割と軽く使われているように思います。

無常。今と同じ様に明日が繋がっていないということを、深く深く自覚して、
今を、つまりこの一刻一刻を大切に生きていくことなんだ。と改めて気づかされました。


カテゴリ: 門主のお話 | 2010年05月28日 | コメント(1) | No Trackbacks

<<   2018年11月   >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ