青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 門主のお話

10月護摩のお話

今日は。10月満月護摩です。ほとんど雲のない今宵の満月はすばらしい美しさです。

満月に向かって呼吸を整え、青不動のお不動様を観想して、ご自身のお体全体が月の中に一体となるよう感じてください。そして深くご自身の思いを込めて下さい。

今日のお護摩は、ご開帳記念護摩をお勤めしました。

9月18日から12月20日まで、毎日午前11時と、午後2時に、2回づつお勤めして行きます。

お護摩は、門主 慈晃がお勤めしております。

期間中94日間で、約180回は、お勤めすることになると思います。

ご参拝の皆様の諸願成就を願い、一心に青不動様に念じてまいります。

既にご開帳開闢以来、16日を経過いたしましたが、連日大勢の方にご参拝いただいております。

9月26日の「世界不思議発見」にも放映されました。


今回のご開帳で私が一番大切に思っておりますことは、「祈り」です。

このお不動様は約2メートル四方の大作の絹本の掛け軸で、安然という、天台宗の高僧が示した不動十九観という、不動明王はこのように描くという法則に忠実に従っており、例えばカルラという煩悩を食い尽くす鳥が七羽、凄まじく燃え盛る火炎の中に騙し絵として書かれていますが、そのような法則に忠実でありながら、全体は極めて高い芸術的な表現で、さらには絵師の深い信仰を感じます。

平安時代中期、宮中で、国の安泰、皇室の安寧、天変地異を鎮める働きのあるお不動様として、

一流の絵師が精魂込めて描きました。平安時代末に青蓮院が門跡として始まるころ、宮中より、

下賜されたと伝えられています。 現存する平安仏画の中でも類例のない貴重な、そして芸術上至高の

名作といわれる青不動様ですが、約千年に渡って、天皇、親王、あるいは武将、また

ありとあらゆる人に拝され、天台宗の高僧が如法に修法をしてまいりました。

目には見えませんがその祈りの集積が、今、拝するものの心にせまり、芸術の美を越えた迫力となって

拝するものを圧倒いたします。

お不動様は、密教の中心の仏様の大日如来の化身です。

お不動様は、我々の心の中の煩悩、つまり悪い心の働きを焼き尽くし、縛り、切捨てていただく強いお力をお持ちです。

我々はともすると自分さえ良ければと、常にむさぼりが、心を支配しがちです。

世界中を巻き込んだ経済不況もリーマンブラザース始め、アメリカの証券会社のサブプライムローンの

破綻によるわけですが、これは自分の利益のみに奔走した、あくなき欲望の連鎖によるものでありました。

まさにむさぼりの極限といえるものです。

さらに煩悩の中の怒り。これは怒りにまかせれば、最後は国際間の戦争に至ります。無知も同様、相手を理解せず、不信の行きつく先は同様です。

皆様がご参拝いただき、それらの煩悩を焼き尽くし、諸々の願いを成就していただくことが、今回のご開帳の
大きな目的であります。

今回のご開帳では、皆様全員に祈願紙をお渡しして、それに皆さんの願いを書いていただきお不動様の前にお供えして、拝んでいただいています。

私は、お不動様を観賞するのではなく、お不動様に願い、祈っていただこうとの思いで今回のご開帳をお勤めしています。

その思いを込めて、お護摩を、毎日厳修しております。お護摩の始まる前には、毎回、ご参拝者に骨子、以上のようなお話をさせていただいております。

ぜひ青不動様を直にご参拝下さい。そして何か一つ皆様の願いをもってお出でいただきたいと思います。

お待ちしています。

期間中はライトアップも同時に、開催中です。

こちらは、今回ご開帳にちなみ、大幅にデザイン変更をしまして、特別ライトアップとなっています。

ごらんになれば、お分かり頂けますが、今回は一段とすばらしい、ライトアップになっております。

期間中、夜間もお不動様を拝めます。

(同じ拝観料ですので、お得だと思います。)


ご参拝は、紅葉の時期は、相当混雑が予測されます。ごユックリ拝観できる平日の今頃がお勧めです。

また11月、12月のお護摩の中のお話は、おおよそ上記の内容が予想されますので、ブログのほうは、この2回はお休みとさせていただきます。

ぜひ青蓮院を直接お尋ね下さい。

それでは、お護摩でお会いいたしましょう。

ブログを見て知ったとおっしゃて下さればなおうれしいです。

門主 慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2009年10月04日 | コメント(7) | No Trackbacks

9月護摩のお話し

今日は。9月の満月護摩です。

今日はまた夏に後戻りしたように暑い日となりました。お忙しい中、また大変ご遠方からもお参りいただきありがとうございます。今夜の満月はすばらしいと思います。

国宝中の国宝と云われる青不動のご開帳が迫ってきました。
9月16日には、来賓のご随喜を得て青蓮院のご本尊を祭る修法の熾盛光法によって開闢法要をお勤めします。

会期は9月18日から12月20日までの90日間です。期間中はライトアップも全期間行います。

平安後期、青蓮院創建以来初めての一般公開となります。
期間中ぜひお誘い合わせご参拝されますようお願いいたします。

国宝青不動明王ご開帳を 今、何故 何のために?

不動明王は大日如来の化身、と云われています。

青蓮院のご本尊、熾盛光如来は大日如来の仏頂尊といって大日如来の頭上にいらっしゃる崇高な仏様です。 青蓮院のお不動様は従って熾盛光如来の化身ということになります。

熾盛光如来のお力は、天変地異や事変、疫病を鎮静。国家の安泰。皇室の安寧。をはかるお力です。
ですから、青不動を拝することは、経済金融危機、疫病であるインフルエンザの蔓延や社会の行き詰まり、道義の衰退、社会の活力の減退 を鎮めることになります。そしてそのような事変に皆さんがさらされないことを強く祈念してまいります。

今回のご開帳では、ご参拝全員の方に祈願紙をお渡しして、以上の祈願の他、皆様の願いをお持ちになって、しっかりとお不動さまの前にお供えして、拝んでいただくことに致しました。

芸術観賞よりは、「祈り」が今回の中心テーマです。

護摩祈祷を毎日、11時、14 時にお勤めします。

将来東山、山頂に、お不動さまをまつる大護摩堂を建設し、仏教の教えが社会生活の中で拠り所となるよう、また仏教の教えによって、世の中の様々な問題の具体的解決をはかっていく活動の拠点となるよう、勤めてまいりたいと考えておりますが、このご開帳を通じて、この運動へのご賛同やご協力の輪を広げて行きたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

それにつけても、新型インフルエンザが心配でありますが、青蓮院ではこのご開帳によりまさに、お不動さまのお力により、難を除し、皆様が難を逃れていただくよう祈念してまいります。

この新型インフルエンザについて、一言、申し上げれば、あまりにもマスコミや政府、公的機関等が、過度に不安をかりたてていると思います。特に日本では異常な状況であると思います。学級閉鎖。イベントの中止。マスクの着用、手指の消毒の徹底。等々。

新型インフルエンザは専門の医療関係者の立場から、従来のインフルエンザより弱いものだと云われています。

ところで従来のインフルエンザでは、菌を撲滅したり、感染を水際で食い止めるなどということは全く考えられない、ことでした。マスクや手指の消毒の道具が社会のあらゆるところに置いてあったりしませんでしたよね。

私は、もう世界的に広まったこのインフルエンザは、誰でもが罹って普通という段階なのだと思います。

児童が2〜3人感染したからといって、直ぐに学級閉鎖したり、休校にしたり、する必要があるのか。
今までも、誰でも罹る普通の風邪であれば、こんな騒ぎはしなかったと思います。

私はむしろ罹った時にどのように対処するのか、症状の段階に応じた適切な手当ての方法、何日で治るのか、処置を放置した場合は従来のものと違ってどのように危険なのか。
そのようなことを、もっともっと詳しく指導するべきと考えます。

罹らない方法に労力や努力を過度に傾けないで、罹った時の処置に万全を期すことに全力を傾注すべきです。
もちろん罹らないためのワクチンの早期摂取に万全を期していただきたいことは当然です。

そして、恐らく私は罹った初期の段階の手当てが重要なのだと思いますが、休日や連休、夜間には通常医療機関が休みに入っていることから、国の助成や機関によって手当ての万全化を計る必要があるのではないか。

そのようなことにこそ、国のお金や労力を徹底的に振り向け、単に不安をかきたてることは厳に謹んでもらいたいと思っています。

私は厚生労働省の発表ばかりでなく、医師会等の専門家がもっと積極的に発言して行くべきものと考えます。

不安をかきたてられた人々は自分でしっかりと判断ができなくなりがちです。

今日本の社会が極めて危険な側面があるとすれば、このように情報が一方的に極端に一つの方向に、異常に流布されていくところだと私は考えています。
今回の民主党の圧勝も一つにはこの表れでもあったような気がします。
私が自民党を支持するとかしないとかいっているのではありません。

自らの目、自らの心、をしっかりもっていること。

流されずに。

信仰の大切さはそこにあると思います。 

最後に私事で恐縮ですが、この度、全国書店にて玉川大学出版部より、私の著書、「青不動のこころ」を出版いたしました。
青不動のこと、日頃お話していること、色々な私の思いを書いてありますので、お読みいただければ幸いです。またご叱正、ご助言、ご感想等いただければありがたいです。     慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2009年09月05日 | コメント(12) | No Trackbacks

8月護摩のお話

こんにちは。大変暑い中、お参りいただきまして有難うございました。
8月6日、今日の満月は広島「原爆の日」です。
皆様一緒に、26万人の亡くなられた方々を悼み、世界の平和を祈りましょう。

天台宗では、一昨日8月4日、比叡山にて毎年恒例の諸宗教による、「平和の祈り」を催しました。炎天下で今年も真剣に世界の諸宗教の代表者とともに、争いや戦争のない世界平和を希求して宗教の違いを越え真摯な祈りが捧げられました。

天台宗内の青少年200人が、1人1人平和の願いを込めて折った折鶴を地球を模った大きな透明な球体の中に納めました。

平和の鐘を鳴らし、黙祷と共通のお経を読誦し、メッセージを発信しました。

諸宗教の違いを越えて、世界中に平和を希求する人々の輪を広げて行く地道な努力が大切だと思います。

その強い思いを青少年が次代へ継承していく儀式でもありました。

200人の青少年の貯めたお小遣い2百万円が、ユニセフに寄付されました。

ユニセフの事務局長さんのお話で、スーダンのダルフールでは、内戦で何十万の人が殺され2百万人の難民が生じ、子供達が貧困と飢餓に喘いでいる。内戦の原因は地球温暖化による、水不足によるものとのことです。このお金を役立てたいと云われました。

日本は様々の問題を抱えてはいますが、何百万という単位で飢餓、や貧困によって、身の回りに人が死んで行くという状況ではありません。
スーダンの現実は、想像を越えた理解し難い状況です。

平山郁夫画伯は広島の原爆を中学生の時体験され、そのご体験を、戦後30年初めて絵のテーマに描かれています。「広島生変図」と題されたその大作の右上部に画伯は、青蓮院の青不動明王をイメージして画がかれたそうです。ご本人が言われていますが、画伯は 亡くなられた人々の鎮魂と広島の再生を願うのに、青不動を思い描かれたそうです。

今日この記念の日にあたり、皆さんと一緒に、この青不動のご尊像の前で、私達はご自身の諸願を祈るばかりでなく、この戦争で亡くなられた全ての精霊を悼み、
日頃あまり関心を払うことのない世界の平和と、貧困や、飢餓への救済や、解決への努力を思うことの大切さを念じました。

思うこと、祈ること、念じること、は解決の具体策を欠いたとしても、多くの人々の思いが大きく集まっていけば、何れ大きな力となり現実を変えていくものと信じます。

                  慈晃 拝  

カテゴリ: 門主のお話 | 2009年08月06日 | コメント(0) | No Trackbacks

7月護摩のお話

今日は。暑い中をお参りいただきましてありがとうございました。座っていても汗が滲みでてきますね。

この秋の9月18日から12月20日までの、青不動さまのご開帳について、準備を進めております。
14日には、報道関係に事前にお披露目し、記者発表をいたします。
16日にご来賓をお招きして、開闢法要を厳修いたします。熾盛光法という天台密教の秘法を厳修しますが、天台声明(お経に節をつけて唄う)によるもので、厳かにして奥深い法要です。
17日には期間中、夜間に行うライトアップの報道関係に対する事前公開を予定しております。
今回のご開帳にともない、特別にデザインされたところがありますのでどうぞご期待ください。

今日のお話は、先日 6月30日付けの京都新聞の朝刊一面に報道されたことについてです。

ご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。京都新聞以外の新聞で見られた方もあるかも知れません。
『脳波で電動車いす操縦 』という見出しで、
「右、左、前」と念じるだけで、電動車いすが瞬時に
向きを変える。利用者の脳波をとらえ、文字通り「思いのまま」の操縦を可能にするシステムを、理化学研究所やトヨタ自動車などが共同で設立した研究組織「理研BSI−トヨタ連携センター」が開発し、29日、文部科学省で実演を交えて発表した。
 
 従来は数秒かかっていた脳波の解析を8分の1秒に短縮、ほぼリヤルタイムで車いすを動かせるようにした。お年寄りや介護の必要な人の活動支援につながる技術として期待されるが、脳波の個人差への対応が難しいなど、実用化にはまだ課題が残っているという。
 と報じられました。

私は、非常に興味深くこの記事を読みました。

人の思いが、心や頭のの中にあるだけでなく、周囲に及ぼされるということ。

私はこれは宗教的なものに通じるものと思いました。

仏教はお釈迦様が悟りを開かれ数多くの高僧によって、伝えられ教えが高度に発展して今に伝えられています。

仏教の教えは、修行や、瞑想によって深められ体感、体得されてきた訳です。

理屈や理論で解明されていない、信じ難いことや、奇跡的な現象もあるかもしれませんが、信仰として信じ、伝えられてきました。

その不思議の一つ一つが科学によって、少しづつ解明され、説明がつけられていくのではないでしょうか。

宗教で体験、体感することが、科学があとから実証していく。

脳波をセンサーが感知して、動力のモーターに伝える。

今は科学がコントロールできたのは脳波だけですが、人間の感情や、徳といった高度な精神世界や、人間に7箇所ある、神経叢、の働きをもっと科学が明らかにするとき、宗教と高度な科学理論の目指す先が一致してくるのではないかと思います。

高度な理論物理学と唯識などもすでに似ているところがあるように思います。

お不動さまと一体になって、不動明王を感得する。これは密教がめざしていることです。

つまり一体となると強く思うことで、それが実現できるということです。
そして一体となることで、不動明王のお力をいただくことができる。

不動明王の慈悲の力をいただく。

いつもお話しているように、この慈悲の力とは、自分だけのためでなく、人のために尽くす力ということです。

その上で、ご自身の思いをこめて、その思いを深く強めて、成就を目指しましょう。

慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2009年07月07日 | コメント(0) | No Trackbacks

6月護摩のお話

こんにちは。初夏の爽やかな天気に恵まれました。
今日の満月が楽しみですね。

最近ネットを見て知ったといって、20代、30代の若い世代の方が、満月護摩の日をちゃんと調べてから参拝されるようになってきました。ありがたいことだと思っています。
仏教はどの世代の人にとっても、私は大変大切な教えだと思っていますので、若者が来てくれるのはすごくうれしいです。

秋のお不動様のご開帳について。

期間は9月18日から12月20日までですが、その間はお不動様を宸殿内陣に特設の厨子を設けて奉安します。
護摩供を毎日、午前、午後にお勤めしますので、期間中の10月、11月、12月の定例の月護摩は宸殿にてのご参拝となります。

9月16日には来賓をお招きして、開闢法要を営みます。月護摩にご参拝の信者さんにはご案内しますので是非ご参拝ください。

今日のお話は、足利事件の菅家さんについてです。

こんなにも、悲劇的なことはありません。17年8ヶ月無実の人が自由を奪われました。
警察、検察、裁判所。司法の全てが、権力と面子を振り回した結果だったと思います。

この事件を私は、大変身近に感じています。
あの足利の園児さんが通っていた保育園は、私どもの天台宗のお寺の経営する保育園だったのです。

その住職さんとは、私は懇意にしていますし、天台宗内でも、要職にある方です。
5月の初旬に、住職さんの話を聞いたものから、菅家さんは近い内に無実が証明されて、釈放される見込みと聞きました。

この住職さんは、菅家さんが警察に検挙された最初から、この人は真犯人ではない、この人は絶対違うと確信したそうです。

実は菅家さんは、このお寺の保育園の園児の送迎のバスの運転手さんだったのです。
もう十年以上お勤めしていて、住職さんは良くその人を知っていて、絶対そんなことをする人でない。

そして事件後本人に会って、顔を見ただけで、絶対に彼はやっていないと確信したそうです。
そこで、住職さんはそのことを警察や、保育園の園児の保護者や、お寺の役員に話したそうです。
そして終始一貫、彼の無実を信じて、支援する側に立って来たそうです。

ところが、この事は住職さんにとって大変な重圧となったのです。
なぜ菅家さんを支援するんだ。立場が違うだろう。周囲からものすごい非難を浴びることになりました。

住職さんは、「私の心情でそう思う。」といって、今まで貫き通してきたそうです。
私はこれを聞いて、本当にこの方はお坊さんなんだと、思いました。住職さんには仏様の目が開いていたんですね。立場とか周囲にとらわれずに、偏見や思い込みのない、素直な目で、菅家さんを見る事ができた。

警察は、犯人をでっち上げてでも、事件を解決することに執心したとしか考えられません。

警察は、この住職さんのような、目を持っていなかった。
検挙されてから、最高裁で刑が確定するまで、検察も、裁判官も、誰一人この目を持っていなかった。

さらに問題は最高裁で争っていた時に、DNA鑑定の再請求が退けられたことです。

科捜研が当時のDNA鑑定は、充分なものではないと認めていたにも拘わらずです。

なぜ、それだけ無実を訴えるのなら、試しに再鑑定してやろうと、思わなかったのか。

今回は再審請求の高裁の判事の再鑑定してやろうという判断がなかったら、全ては闇に葬られる可能性がありました。

私は、この事件を担当した、全ての人間が厳しく反省しなければならないと思います。

仏教の懺悔です。

最高裁判所の判事の国民審査が選挙の時に国民に与えられています。

私は、菅家さんの刑を確定した最高裁の判事の名前を、この際公表すべきではないかと思います。

青蓮院は平成5年、赤軍派ゲリラの放火によって貴重な文化財の茶室を全焼しました。
その当時私はまだ僧侶でなく、一般の企業に勤めていましたが、緊急事態に対処するため
門主をしていた高齢の父を助けるため、休暇をもらい青蓮院に駆けつけました。

その事件は、同時多発ゲリラで、三千院と他の神社の三箇所が同時に放火されました。犯行声明もあり
我々は明確な被害者だったのです。刑事は当然そのことを認識している客観的状況でした。
ところがこの若い刑事が、門主と私を机の前に座らせ、まるで放火の犯人を取り調べる態度で厳しく調書を
とりました。私はあまりのことに驚き、放火の犯人に対する怒りの収まらない心に、さらに別の怒りが沸き、抑えることが出来ませんでした。

私は今でもその若い刑事の顔を覚えていますし、このことを思い出す時怒りが憤然と再燃してきます。
警察とはこういうものだという確信を持ちました。いまでもそれは変わりません。それほど強烈だったのです。

今回の足利の事件を思うとき、このことが私の心の中で一つになるのです。

この次に書くべきことを私はあえて書きません。

司法に携わる人が、人としての謙虚さを持ち、常に自らを振り返り、反省するゆとりを持ってもらいたいと思います。

仏教の教えの大切さを思います。

また仏教の教えを、混迷するこの現代に広める責任を感じます。                 慈晃 拝。


カテゴリ: 門主のお話 | 2009年06月08日 | コメント(1) | No Trackbacks

<<   2018年07月   >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ