青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 4月護摩のお話

4月護摩のお話

 久しぶりにすばらしい天気になりました。今日のような日は一年中にそう何回もありません。
 オリンピックの聖火リレーが世界中で大混乱となっています。長野では会場に決まっていた善光寺が辞退しました。参拝者に迷惑がかかることと、同じ仏教者の立場から、チベット仏教を弾圧するような中国政府に対する抗議の意思表示とのことです。オリンピックに政治を介入させるべきでないことは、理屈では分かりますが、今やオリンピックは国家や、政治そのものの力の発露となっているのですから。 しかも中国においてはその形は、極限の状態まで膨張しているように思います。 従って、私は善光寺が同じ天台宗の関係の深い寺院でもあり、今回の辞退決定に対して、全く同感であり、大いに賛同するものです。
 このような混乱を世界中に巻き起こしていても、中国政府の公式の意思表明は、ダライラマの策謀によるものとして一歩も引かないところに、私は大国、中国の怖さを垣間見る思いがします。
 フランスに対するこの数日の民衆の抗議も、2005年の日本に対する排日デモと共通するものを感じます。
 餃子の問題も国家の体面の維持のみで、対国内には日本で混入したものとして徹底しているのですから。日本政府は、云うべきは云い、主張すべきは主張して欲しいと思います。
 今多くの日本人は平和ボケしていると思います。もう少し日本の国について、関心を持とうではありませんか。中国に対しても同様です。
 日本の食料の自給率は小麦で13%、大豆が5%、全体で40%だそうです。オーストラリアの小麦が旱魃で収穫が半減し世界的な小麦不足の影響は深刻です。こような事態の中で最大の米の輸出国ベトナムが自国民のため米の輸出を止めたため、主食が米で米の輸入国のフィリッピンでは米の買占め、暴動を抑えるため軍隊が出動しているそうです。 先週国連の事務総長は世界的な食料危機に対処しなければならないとの緊急の発表をしました。
 日本は、食料はお金を出せば無制限に外国から買える。また日本で作るより安く買えれば、外国から買えば良い。その結果日本の作り手がいなくなっても構わない。基本的に日本の農政はこの考えのもと、なし崩し的にこの方向に向かって進んできたと思います。農業に対する抜本的、長期的な戦略がなく、補助金、補償等の小手先の農家保護に終始してきた、つけが、一機に今回ってきた気がします。あまりにも国を意識していなかったと思います。
 極端に云えば、お金を幾ら出しても買えない。幾らお金を出しても物が無くて売ってくれない。或いは安くても品質が粗悪で、危険で買えない。といった事態を全く想定していなかったのです。まさに平和ボケといえると思います。
 原油が1バーレル114ドルに迫りました。100ドルを超えて大騒ぎしたのが、つい最近です。当然ガソリン、石油製品が値上がりします。これらは経済の血液ともいうものですから、経済に及ぼす影響は甚大です。
 食料、石油が値上がりしても、給料は上がらないと思います。景気が悪くなって上がるどころか下がるかも知れません。
 今日ご祈祷にお集まりの皆さんの祈願の内容は、もっと身近のご自分のことで、このような食料や、国家の問題ではないと思いますが、皆さん個々のお一人が、大きな経済、社会の動きの中に影響を受けていることは間違いなく、その意味でもっと国のことをしっかりと考える癖をつけたいと思います。
 しかし、福田さんでも思うように国を動かせないのですから、我々は護摩で何を願ったらよいのでしょう。
 お答えとしては、皆さん今の日本のこの状況をしっかりとお考えいただき、ご自身のそれぞれの条件の中で、先々のご自身をお考え下さい。此の護摩の場でしっかりとお不動さんに念じていただくことです。自然に方向が導かれると思います。
 
 以下のようなことがお心の中に導かれてくるかも知れません。一例として。
 経営者さんであれば、景気の悪化に備えて思い切って身軽になる。(人、物、金)
 病気になれば病院の費用がかかります。病気にならない、強い心身をつくる。そのためには無理をしない生活習慣をするよう自分に勝つこと。
 パンやうどんを減らしてお米を食べる。
 できるだけお米を備蓄する。
 車を出来るだけ使わない。渋滞で時間とガソリンの無 駄遣い。多くの人が車に乗らなければ、国は道路にこれ以上投資しなくても良い。そのお金を農業の抜本的改革に回せる。 
 燃費の良い車、そして小さい車に買い換える。リッター25キロとリッター10キロ以下では違いは明らか、日本中が取り組めば計り知れない効果。
  
 青不動明王のお堂の建立のため、ご寄進をお願いしていますが、今日ある信者さんより、その気持ちはあっても一口10万円では、無理なので、少しづつ積み上げていきたいが、とのお話がありました。当然のことで、ご協力いただくお気持ちが大切で、金額はご事情に合わせてお願いします。と申し上げました。よろしくお願いいたします。
 ここまで、この長文にお付き合いいただきありがとうございました。
 この文を書き終わって満月を拝しました
 今日は本当にすばらしい満月です
 ぜひ窓を開けて満月に向かって
 お不動さんをイメージして
 ご自身のやりたいことを
 大切な人の幸せを
 そして明日への希望を
 願ってください。
   慈晃 拝。 

カテゴリ: 門主のお話 | 2008年04月21日 | No Trackbacks

コメント一覧

御門主様、素晴らしいお話を見せて頂き、真に有難く存じ上げます。今日私は補陀落山総持寺にて、不動護摩に参加して、中西隆海和尚様と世界万民平和と沢山の人々の所願成就を願いました。
宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会〈スーパーサンガ〉に修験者として、参加しています。チベット、ウィグル、内モンゴル、台湾、香港、防共回廊を護る為に私は関岡英之先生と頑張ります?

八角三郎|2012年04月28日

御門主様、有難うございました。日本在住チベット人の分もタシデレ!トウジェチェ!とチベット語で感謝の意を表します。南無青面不動明王。南無観世音菩薩。合掌。

八角三郎|2012年04月29日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=59

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ