お知らせ

トップ > お知らせ

青蓮院のシンボル 大クスノキがピンチです。

神宮道沿いの大クスノキ。

親鸞聖人お手植えと伝え、東山魁夷、川端康成、各氏の思いを込めた歴史を刻んだ銘大木でした。

誠に残念ながら、昨年夏から急激に樹勢が衰え、今春、古葉をおとした後、新芽の芽吹きが来ない大枝を泣く泣く切除しました。

専門の樹木医の先生方でも、原因は特定できません。歯がゆいかぎりです。

一説では、中国から飛来した「カメムシの一種」が、クスノキにとって大敵で、実際に、殆どの葉っぱに被害がでていました。

幸い他の4本には、その被害は及んでおりません。

昨夏、樹勢の衰えの兆候が表われてからは、あらゆる処置を施してきましたが、およびませんでした。

今でも専門家の云われる、考えられるあらゆる処置を施しております。

今回、枯れてしまった大枝を切り下げ、痛々しい姿を晒しております。

今は 数本残った大枝に僅かに生えている葉っぱが、この夏の暑さに負けずに、なんとか乗り越えて欲しいと日々懸命に願っております。

ぜひ皆様、「クスノキよ、なんとか頑張って」と、強くお願いしていただけませんでしょうか。

多くの、たくさんの方々の思いを受ければ、きっとこのクスノキは頑張ってこの夏を乗り越えてくれると思います。

何百年と頑張って来たんですから。

どうぞ皆さん、強い思いをクスノキに送っていただきますよう、お願いいたします。



      

青蓮院門跡

7月の満月護摩は 7月28日(土) 午後2時から青龍殿にて。 ご参拝お待ちしています。

6月の恒例満月護摩を、28日にお勤めいたしました。

暑い中お参りありがとうございました。

青龍殿は冷房しておりますが、修法の拙僧の眼前は護摩の灼熱の炎。

ご参拝の皆さんに成り代わって、一身に皆さんの煩悩を焼き尽くす想いでお勤めしました。

今日は天台宗の主要なお勤めの行である法華懺法の根幹である 懺悔について、日大アメフトの内田前監督、井上コーチを例に、心の底から悔い改めることが、仏さまの教えであること。心から許しを請うことが、ひとの心を打ち、共感を得ることができる。等についてお話しました。

次回の満月護摩は、7月28日(土)午後2時から、青龍殿にてお勤めします。

お休みの日になりますので、お誘い合わせご参拝いただけたら嬉しいです。



月護摩

青龍殿 今あお紅葉が最高です。

将軍塚、緑がまぶしい すばらしい日々です。 青不動にお参りしてお力をいただいて下さい。 大舞台から市内の展望 広々とした空間 気持ちがはればれとなります。

ぜひお出かけ下さい。

将軍塚

次回の満月護摩は 6月28日(木) 午後2時からです。お誘い合わせご参拝ください。

5月29日(火) 月例の満月護摩をお勤めしました。

九州や 東京 福井 京阪神 そして 香港からと、遠近問わず、ご参拝いただきありがたく思っております。

青不動さまのお力を 多くのかたが 授けていただけたことと、思います。

藤井聡太7段や アメリカンフットボール の内田前監督 の 話題を題材として 仏教の教えをお話ししました。

例月どおり 座禅止観を体感していただきました

次回の満月護摩に ぜひお誘い合わせお出かけ下さい。

月護摩

ページトップ