お知らせ

トップ > 青蓮院からのお知らせ

連日の暑さの中にも拘わらず、お参りいただく方々に、頭がさがります。

そして本当に外国の方が多いです。

清水寺や金閣寺のような有名寺院でない青蓮院に興味を持っていただき、しかもこの暑さの中を、お参り下さ

り、ありがたいことと思っております。

青蓮院門跡

青蓮院のシンボル 大クスノキがピンチです。

神宮道沿いの大クスノキ。

親鸞聖人お手植えと伝え、東山魁夷、川端康成、各氏の思いを込めた歴史を刻んだ銘大木でした。

誠に残念ながら、昨年夏から急激に樹勢が衰え、今春、古葉をおとした後、新芽の芽吹きが来ない大枝を泣く泣く切除しました。

専門の樹木医の先生方でも、原因は特定できません。歯がゆいかぎりです。

一説では、中国から飛来した「カメムシの一種」が、クスノキにとって大敵で、実際に、殆どの葉っぱに被害がでていました。

幸い他の4本には、その被害は及んでおりません。

昨夏、樹勢の衰えの兆候が表われてからは、あらゆる処置を施してきましたが、およびませんでした。

今でも専門家の云われる、考えられるあらゆる処置を施しております。

今回、枯れてしまった大枝を切り下げ、痛々しい姿を晒しております。

今は 数本残った大枝に僅かに生えている葉っぱが、この夏の暑さに負けずに、なんとか乗り越えて欲しいと日々懸命に願っております。

ぜひ皆様、「クスノキよ、なんとか頑張って」と、強くお願いしていただけませんでしょうか。

多くの、たくさんの方々の思いを受ければ、きっとこのクスノキは頑張ってこの夏を乗り越えてくれると思います。

何百年と頑張って来たんですから。

どうぞ皆さん、強い思いをクスノキに送っていただきますよう、お願いいたします。



      

青蓮院門跡

4月の満月護摩厳修しました。次回は5月29日(火) 午後2時からです。また青龍殿では ライトアップもきれいです。5月6日(日)まで。

4月の満月護摩 復元模写を誠に申し訳けありませんが、お掛けできませんでした。
 
新緑の美しい季節になりました。

青龍殿の境内も、もみじの美しさが、目にしみます。

先月の3月2日から約 2か月 ぶりの お護摩となりました。

3月は満月が2回あったためです。
 
護摩の前に、雅楽と舞楽の 奉納演奏 演舞 が 青不動さまにお供えされました。

ご縁でご奉納いただきましたが、その会の会長さまは、宮内庁雅楽部で長年勤務された、その道第一人者の方だったそうです。 すばらしい音色と、舞で、ありがたく、ご参拝の方もほとんど足をとめて観賞されていました。


次回は5月29日(火) です。 どうかお誘い合わせご参拝お待ちしております。


青蓮院門跡

春のライトアップ 3月30日(金) から 4月8日(日) と 4月27日(金) から 5月6日(日) の2回です。

京都 花灯路 協賛 ライトアップ 好評裏に終了しました。

恒例の青蓮院のみの春のライトアップ 

3月30日(金) から 4月8日(日)  青龍殿は 4月15日 まで。

境内には桜はあまりありませんが、美しい回遊式庭園を、優雅に荘厳に ライティングしています。

後半は

4月27日(金) から 5月6日(日) です。

有名な霧島の庭の霧島つつじが見どころです。

池のある庭園にも 滝の落ちる岩組の後ろに 霧島つつじ が深紅の花を咲かせます。

青龍殿のライトアップ 共々 お楽しみください。

青蓮院門跡

ページトップ