青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 初護摩のお話

初護摩のお話

明けましておめでとうございます。元旦が満月でしたので、青蓮院の初護摩供を今日新月にお勤めしました。
満月と新月は同様に月の力が最大に地球に及ぼされる時です。

ブログお久しぶりです。昨年の11月、12月、のご開帳期間中は、話を直に聞いていただこうと思い、
2回ブログをお休みいたしました。

9月18日から12月20日まで3ヶ月に渡るご開帳に37万人の方がご参拝されました。
中には熱心に4〜5回もお参りされた方も少なくなかったのです。

門主親修によります、お護摩と法話を毎日2回、お勤めいたしました。
全員に祈願紙を、受付でお渡ししまして記入の上、お不動様にお供えいただきました。

多くの方が、板間の床に正座され、お不動様に祈りを捧げられました。

ご開帳が終わって年が明けました。
平成22年はどんな年でしょうか? どのように対処する年でしょうか?

私は「中国」だと思います。

昨年、中国の車の販売台数がついに、アメリカを上回りました。GDP、国民総生産は今年中に日本を抜くようです。新幹線も南北に着実に延伸しております。
中国ではリニアモーターカーも既に実用化さていますが、日本は大分前から開発に取り組んでいましたが、依然としてまだ試験的な段階です。中国は外国の技術と資金を巧みに利用して果実だけをしっかり獲得する、最短距離の道を選択しています。明治時代日本はイギリスから鉄道技術の全てを輸入しました。
全国の100メートル超の建物の数は大分以前に中国が日本を上回りました。
有人宇宙飛行、航空母艦の建造と、開発は広範囲に且つ、急激に進んでいます。

私の知人で中国の若者を受け入れる、教育関係の仕事をしている方が、中国の青年達と接して感じるのは、彼らは極めて、真面目で、ひたむきで、目の輝きがきらきらとしている。とおっしゃっていました。

今日本の多くの若者にそのような、向上心や、目の輝きを感じるでしょうか。

過って、日本でも東京オリンピックや、新幹線開通、大阪万博の頃であれば、国中がそのような
前向きの力を持っていたように思います。

今、長い学業を終えた大学生の就職内定率が73%と低く、これから遅ればせながら、民主党が子育てを支援しても、国全体の活力が根本的に萎えた状態に、私は不安を感じる他ありません。

私はご開帳期間中、お話の中で申し上げて来たことがあります。

お不動様を拝む、密教が狙いとしていることは何かといえば、
我々の中にある良い思いを、願いに高め、それを行動に移し、繰り返し行うことによって、
成就にいたる。ことであると。

平成22年。 きらきらとした、目の輝きの源となっている強い向上心。
過って我々の身体の中で燃え滾っていた、あの力を再び灯して、
今多くの我々、日本人が考えているかなり低めの思いを、何段階か高めた目標に切り替えて行きたいものです。

このような思いを込めてお不動様を拝んでいただければと思います。

日本は長らく中国を利用してきたように思いますが、これから本当の力が問われて来ると思います。


カテゴリ: 門主のお話 | 2010年01月15日 | No Trackbacks

コメント一覧

コメントすると言うより、参加させてください。
私は、青蓮院にお参りできて良かった!
と、思っている人々の内の1人です。
サイトでこのお話を、見ることができて良かったです。

門主だからではなく、門主だからこそ。のお話だと思います。

いろんな人達に、分かりやすくお話をしてくださるので、参考になります。

祈りの思いを持ち続け、生きた目を失わない様な、心を持ち続けたいです。

浜野光子|2010年01月17日

あの力を再び灯して、
今多くの我々、日本人が考えているかなり低めの思いを、何段階か高めた目標に切り替えて行きたいものです。

スーパーコピー|2013年06月01日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=120

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ