青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 4月護摩のお話

4月護摩のお話


桜が例年になくまだ境内で名残の花を咲かせています。
何か、おかしいですね。

4月4日から11日まで、比叡山の恒例の御修法に参勤してまいりました。天台宗の座主を筆頭に、探題職にある高僧、そして門跡寺院の門主他、計17名による、不眠不休ではありませんが、1日3座、根本中堂に篭り、密教の修法と声明(お経に節を付けて唱えるもの)による大法要です。
3×7日で21ヶ座を勤めます。
常は国の安泰、皇室の安寧を祈っていますが、今年は回り合わせで、青蓮院のご本尊の熾盛光如来を祀る法要でしたが、この青蓮院のご本尊はまさに今の大地震のような、天変地異を鎮静する力を持った仏様として祀られてきました。そこで今回は、今回の大災害で亡くなられた方のご冥福を祈り、災害からのいち早い復興を一心に祈る法要となりました。

青蓮院のお不動様は、大日如来の仏頂尊である、このご本尊の化身ですので、今日はこの大災害の鎮静化、特に電発事故の早期収束を祈ってまいります。

まだまだ強い余震も続き不安な状況です。また東京に同じ様な大津波が襲来したら大変です。
東京には万全の守りを確保するための強力な対策が急務だと思います。
その実現のためにも祈ってまいりたいと思います。
多分石原都知事は最後の任期でこの実現に邁進されるのではと思います。

今回の大地震の報道によって、皆様はそれぞれ色々な感想をお持ちだと思います。
政府の対応が遅い。東電は何をやっているのだ。亡くなられた方への哀悼。被災者、避難を強いられる人々の苦しみ。
それを思うと、何かして上げなければと思う。しかしなかなか思うように具体的に動けずにいる後ろめたさもあります。
それは世の中の自粛ムードとなって現れているようにも思います。

今回の大災害を通じて、私が思っていることがあります。
今回の電発事故は 「想定外」 の津波による事故だという認識が、とんでもないことだと思うのです。
私はこの「想定外」という言葉を一切使って欲しくないと思っています。
 
何故か。

それは想定外という言葉の奥には、想定外だったので責任を負わなくて良い。と云う思いが裏に隠されていると思います。
今回の災害は1000年に一度の大災害で、人智の想像を絶していたことは明らかです。

しかし自然の猛威の前に人智の力が如何に小さく弱いかを今回ほど思い知らされたことはないのです。

考えられる全ての予測をして努力をしてきた。だから自分は間違っていない。という発想がこの「想定外」の発言の裏にあります。

自分が自分がと考えるのではなく、人智を越えた自然の力、つまり自分の力ではどうしようもない力の中に自分がある。
その自然の力、大きな力への畏敬。これこそ人類が誕生して以来持ち続けてきたもので、この思いが宗教の根源にあると思います。

現代人が無宗教になったのは、人智への過信、があったのではないでしょうか。
このことを今回の大地震は教えてくれています。

私は 「想定外」 と云って欲しくないのです。

私は浅はかな知恵で、思い至りませんでした。自然という大きなお力に思い至りませんでした。
私以上に大きな力があることを思い知らされました。申し訳ございません。至らなかったことを心から反省しお詫びいたします。

心の底から詫びる。自分、人間を越えた大きな力を畏れ、敬い、非力な己を恥じること。その心情の中から犯した失敗を心から償うという行動が表れてくるのではないでしょうか。深い反省、謙虚な反省が共感を呼び再生への道が開かれるのではないでしょうか。

これはまさに宗教の懺悔です。
この大震災によって我々はこのことを思い知らされたと思います。

私は東電の清水社長の顔を見ていると、怒りがこみあげてきます。

カテゴリ: 門主のお話 | 2011年04月18日 | No Trackbacks

コメント一覧

 震災から1か月過ぎても仮設住宅の建設は大幅に遅れ、16万人とも云われる被災された方々が避難所生活を強いられています。
 
 そういう状況下、がれき(この言葉も嫌いです。思い出の品々を一つでも多く探していらっしゃる方々の思い出の品なのに)を集めて希望の丘公園建設とは、何を宣っていらっしゃるのか!復興構想会議議長
 さらには「阪神大震災の被災がかわいく思えるほどの、今回は、すさまじい震災だ」とも
 
 このような方を”長”に置く会議の集まりなど、何のための会議なのでしょうか?
 小田原評定、会議は踊る・・・・。

 また復興に際して消費税増税など、この今消費を控えさせる策を取って良いのでしょうか?
 比例で議員になったに過ぎないくせに渡り歩いた明治時代の歌人の末裔氏の、以前からただただ消費税を上げたいがための良い口実に「復興」が使われていませんか便乗値上げで、一度増税されたら無期限にされかねません。

 一般市民が、見ず知らずの人々が被災された現場では一つになって毎日を一生懸命に生きているのというのに
 現場から離れ安全な場所で、勝手な事ばかりを机の上で述べる現状、震災前と何も変わらぬ相変わらずの現状を見てとても悲しく
 亡くなられた方々への思いをなんと供養させていただけるものか
 無念です・・・。

生きること、即ち修行人|2011年04月19日

大震災被災地へのお見舞いに際して
天皇皇后両陛下の被災地お見舞いの姿は、とても感激いたしました。

日本国首相、災害を起こしたとされる企業トップがいくら謝りに行っても、彼らへの怒りの感情は収まりません、無理です。

やはり、まったくの立場の中庸である方の細やかな、そして心からの語らいは、被災者から「有難うございます」との言葉が出るほど落ち着きをもたらします。

これからも被災地を訪れると云う事であります。どうぞご健勝にお気をつけてお出かけ下さり是非、心の安らぎを伝えてください。

さらに・・・
私は、憲法第99条である「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」この条文を唯一遵守し、国民の為に尽くしていらっしゃるのは
天皇家、そして皇族の方々だけだと思います。

この条文に該当する天皇家以外の広く公務員達よ!何をしているのだ、情けない!
恥を知れ!憲法違反だ!

生きること、即ち修行人|2011年04月27日

16日名誉御門跡お誕生日おめでとうございます。
昨年百歳を越えられさらに初御歳お慶び申し上げます。
さてそのような中、奇しくも前日の今日15日横浜にて邦英王様時代の貴賓館が新に当日一日のみ公開されるとのことで拝見させて頂きに行って参ります
往時を偲びつつ。

東京より|2011年05月15日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=165

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ