青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 5月護摩のお話

5月護摩のお話

5月護摩のお話

朝方快晴で気持ちの良い皐月晴れだったのが、今は雷とともに、ひょうが降ってきましたね。
自然の予測出来ない動きを改めて知らされました。

先日、5月11日に天台宗では、半田天台座主が気仙沼市に出向き、追悼慰霊法要の導師を勤めました。

東日本大震災で、亡くなられ、また行方の知れない方、3万人近くにのぼる方々の菩提を弔い、復興への祈りを奉げられました。

青蓮院のご本尊は熾盛光如来といって、天変地異の鎮静、国家の安泰をはかるお力があると伝えられています。
日々のお勤めの中で、私達も一生懸命祈り続けております。

震災以来、被災者の方々の想像を絶する、お悲しみ、ご苦労、原発事故への怒りが、様々な報道によって、ひしひしと伝わって来て心の中に重くのしかかってくるのですが、皆さんもきっと同じ気持ちをお持ちではないかと思います。

幸い関西、京都はいつも通りに活動していますが、折にふれ東北は大変だなーと、思わずにおれません。

そのような心に重く伸しかかってくる問題は、震災のことだけでなく、我々それぞれ生きていく上で誰でも多かれ少なかれ、人それぞれ悩まされることがあると思います。

思っていることが、うまく進まない。相手への思いが伝わらない。あるいは相手が云う事を聞いてくれない。
事業の思惑がはずれ失敗する。悩みは色々あると思いますが。

それらのことが、心の中で重圧となっていき、折にふれて頭をもたげて意識の中に現れます。
忘れようとしても、逃れられないのですね。

原因が思い通りになれば、すっきり解決するのですが、直ぐ解決できない問題もあります。どうしようもない。

このことでどうしたら良いか。1つの方法として、
そもそも自分の思いにこだわるから、うまく進まないのであって、うまく行かないのは人のせいではなく、自分が思うことを、考えなおしてみる。

人のことや状況を良く考えもせずに、自分本位に勝手にうまく行くと思ったことから始まっているのではないかと。
反省することで気持ちが楽になる場合もあると思います。

お不動さまへの信仰。それは大きな力に自らをゆだねて、その中で最善を尽くしていくことだと改めて思います。

丁度
東山に満月がのぼりました。22時45分です。 慈晃 拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2011年05月17日 | No Trackbacks

コメント一覧

震災以来自分が思っていることが、うまく進まなかったあり、相手が云う事を聞いてくれないことが多々あり悩んでおりました。そんな折、一言一句胸に染み入るお言葉を読ませていただき、はっとさせられました。

京都はいつも通りに活動しているように見えますが、どうやらそれも長くないかもしれません。京都市をはじめ京都府内で福島をはじめとする震災瓦礫を受け入れ市内で焼却処分がされます。
受け入れる瓦礫は福島をはじめ沿岸県のものだそうですが、放射能汚染が心配になり、少しでも安心できるようにと、関係機関や放射能専門家の方に問い合わせや被災地の放射能汚染状況に関する情報を収集しました。しかし、福島をはじめとする被災地の放射能による汚染実態が報道させている以上にあまりに広範囲でかつ深刻である事実をつきつけられるばかりです。たとえば、野菜やミルクなどの食品だけでなく、福島全域はもちろん被災県での下水処理場で高濃度放射能汚染汚泥の現状、原発から300kmはなれた静岡県でもお茶の放射能汚染があることなど、きりがありません。
おそらく沿岸県の瓦礫は何らかの放射能汚染されていると考えたほうがいいのではと個人的に解釈しています。
京都は国が「安全」という福島をはじめとする沿岸県の震災瓦礫を無条件で何の検査も基準もなく5万t受け入れ市内各所で焼却します。瓦礫についている放射能は、燃やされると煙になって市内に撒き散らされ、建物や地面に付着します。
歴史と伝統がある大好きなこの町を、お寺さんを、仏様を何とかして守りたい一心でしたが、うまくいかず悩んでおりました。
「自分の思いにこだわるから、うまく進まないのであって、うまく行かないのは人のせいではなく、自分が思うことを、考えなおしてみる。人のことや状況を良く考えもせずに、自分本位に勝手にうまく行くと思ったことから始まっているのではないかと」というお言葉になるほどと納得するところがありました。
そうですね、自分や京都の町のことばかり考えていて、被災県や被災地の方のことを思いやっていなかった自分に気づかされました。
別の形で被災県や被災地の方を支援することばかり考えていたと思います。
口では大変ねといって分かったつもりでいても、実際に被爆したり、農産物が出荷停止や風評被害にあったり、観光客こなくなってみないと本当に被災地の方の気持ちは理解できないですね。
そういう意味で反省させられましたし、少し楽になれたと思います。ありがとうございました。

京都が心配|2011年06月04日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=167

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ