青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 12月護摩のお話

12月護摩のお話

平成23年の納め護摩をお勤めしました。

今夜は皆既月食です。9時45分から始まり午前1時18分に終ります。23時31分がピーク
となります。
月食。現在半分ほどですが、かなり冷え込んできた初冬の空に少し不気味な姿に見えました。

今年は最悪のことが続き過ぎました。天変地異の大変異、締めくくりが皆既月食とは。
大きな宇宙の営みのうねりが変調を示しているのでしょうか。

東日本大震災 大津波に原発事故。放射能除染と事故の完全収束までは長い茨の道が。
和歌山の水害、タイの洪水。

そればかりか、ギリシャ、スペイン、から始まったユーロ圏の金融経済不安。
この事態にも拘わらず、イギリスやドイツの思惑から、一致団結した解決に至らない
もどかしさ。

円高は依然、高値止まりのまま。政府や日銀の無力さをつくづく感じます。

私は、日銀券を大規模に増刷して、そのお金を震災の復興にあてるのが
一番良いと思うのですが。
円の価値が低下して、円安にもなり、市中のお金の循環がよくなり景気浮揚と
税収の復活、ゆるやかなインフレ。
これこそベストの選択だと思うのですが。
とにかく縮小、削減、撤退、解雇、防戦、守り、いやな言葉です。

日銀券の大増刷。どうしてやらないのか。不思議でしょうがないのですが。

良い事の少ない今年でした。

昨日やっと第三次補正予算と、復興財源確保法、復興庁創設法 が国会で可決
ようやく本格的な復興へスタートはしましたが、なんと遅かったことか。

震災後9ヶ月を要しました。
関東大震災後には、後藤新平が1ヶ月で多くの反対を押し切って復興院を立ち上げ
即刻対応したことと較べ、あまりにも遅く驚きと怒り(煩悩の1つですが)
と情けなさでいっぱいです。このもどかしさで狂いそうです。
政党政治の限界を感じます。

被災された方々の空しさ、怒り、は極限だと思うのですが、もっとその声を大きく
しませんか。

天変地異を鎮めるご本尊熾盛光如来、その化身の青不動明王。日々一生懸命にお祈り
しています。今日は特に強くお護摩をお勤めしたいと思います。

われわれ、置かれた立場はそれぞれ別々。思い、願い、悩み、も千差万別でしょう。
しかし多くの方が大小様々などうしようもないことを、抱えていらっしゃると思います。

ご自身のお身体のこと、ご家族の介護のこと、会社の経営のこと、孤独や寂しさ。
原発事故で避難を余儀なくされている方。
ご自身の努力で如何ともし難いことをお持ちだと思います。

このような時、これはまさに今の日本の現実だと思いますが、私はこの事態の中では、
やるべき努力をとことんやり尽くした上で、それでもどうしようもない現実に対して、最後はお不動様へお任せする、その無限のお力に委ねることしかないと感じています。


このような難しい時になってしまいましたが
来年1月9日の初護摩供のご案内に、東山山頂、将軍塚大護摩堂建立の建立資金の一部へのご寄進 お願い書を同封しております。

どうかご協力のほどよろしくお願いいたします。

良いことの無かった今年も暮れようとしております。
このような難しい時、お不動様をしっかりお祀りし、お力を頂き、なんとか
年を越せることに感謝いたしましょう。

良いお年を。

月食が進み、ほぼ皆既状態です。全体に赤くにじんではいますが。
 
お休みなさい。


カテゴリ: 門主のお話 | 2011年12月10日 | No Trackbacks

コメント一覧

こんばんは。

ほんとうに、今年は良いことの少ない1年間でした。人間の奢りの愚かさと自然の猛威を見せ付けられた1年間であったと思います。

私は、自然の猛威に対しては、人間はなすすべは何もないと感じました。ただただ、それを受け入れ、背負い、神仏に祈り、生きていくしか方法はない。

その自然の猛威は、視点を変えれば、驚異的な神仏のチカラなのかも知れないと感じてもいます。ですから、ひたすらにそれを受け入れ、背負い、祈り、生きていくしか方法はないのかと。

青不動様、今年1年、地球規模でも、世界規模でも、日本中でも、そして私の身辺にも色々な難儀がありました。でも、私達は、こうして新しい年を迎えようとしています。青不動様、お守りいただき、ありがとうございました。

迦楼羅|2011年12月11日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=187

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ