青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 3月護摩のお話

3月護摩のお話

3月に入り急に春らしくなりましたね。

昨日、一昨日と満月に近い月夜でした。
お寺の境内は暗いので、月明かりがすごく明るく感じます。

東日本大震災から1年。もう直ぐ3月11日です。

3月11日、午後2時46分、亡くなられた方の追悼と、被災された方の復興を祈願して、近畿36不動尊霊場会 同 役行者霊場札所会、合同の柴燈護摩供を大阪埠頭舞洲アイランドで厳修します。

青蓮院から、ご予約の皆さんはバスでご一緒に向かいます。

この1年被災された方々のお苦しみは筆舌に尽くせないと思います。

地震、津波、そしてあの原発事故。

ボランテイアが延べ100万人。義捐金が5000億円を越えたとの報道がありました。
集計に入らない人の数やお金を考えると本当に日本中、世界中から多くの支援が差し伸べられていますが、復旧は困難を極め、放射能との戦いは30年とか、気の遠くなることです。

これは見開き2ページの新聞の写真です。
3月6日付けで、環境省が広告したものです。約10m程の高さの災害廃棄物の壁が続いている石巻市の写真です。

廃棄物は通常の量の11年分から19年分で、緊急的に架設焼却炉を作り、24時間連続運転をしていても間に合わず、全国にその処理の協力を呼びかける内容の広告です。

しかし受け入れ自治体は、放射能の被爆を恐れて受け入れが進んでいないことは別の報道で知らされています。

被災地の苦しみは十二分に分かっていても、自分達の安全を犠牲にしてまで協力はできないという本音の表れです。

お寺の職員の娘さんが千葉の我孫子に新居を建てて1週間後、地震がおきました。
我孫子は放射能の数値が高く、所謂ホットスポット。産まれたばかりの幼児への汚染を恐れて京都の実家に直ぐに避難して未だに帰れないとのことです。

もちろん自主避難ですから、一切費用は補償されないのですが、このほんの一例を始めとして日本中に振りまいている迷惑と被害は想像を絶します。

原発が安い電気ということかもしれませんが、このことだけでもお金に換算できない極めて高い電気だと思います。
現実には被害の補償。放射能徐染費用。事故の完全収束費用。既存原発の補強。等々全ての費用を合計すれば、恐らく反って割高かもしれません。

宗教界は殆んど全ての宗派が、宗議会で脱原発の決議をしました。

しかし今のところ、具体的な活動をしている分けではありません。

私は、政治的に中立な宗教界(公明党は例外ですが)が手をたずさえて、脱原発に向けた国民的な運動をすすめていく時であると思っています。

仏教は自分のことより、人のために何ができるか。が教えの根幹にあります。
その意味で政教分離という教条を越えた道を開くことに何等迷いを感じることはないと思います。

日進月歩の科学技術の進歩。日本の先端技術の開発能力をもってすれば、そして国家の存亡をかけて、国をあげて取り組めば、原発に代わる安全で安価な発電の開発は可能になると思います。

そしてその成果を外国に売って世界中から、原発を駆逐できることにもなります。

仮に脱原発を日本だけが単独で進めた場合、日本の心配は無くなっても、もし中国で第二の福島が起きたら、風下の日本は全ての機能が麻痺するのではないでしょうか。
中国の新幹線の事故を思い起こすと、起こり得ることと考えなければならないと思います。

ですから、原発より安くて安全な発電方法の開発に国をあげて邁進しなければ、私達に平安はないかもしれないのです。

今一生懸命進めている、東山山頂の将軍塚の大護摩堂の建設後、仏教が積極的に現代社会のかかえる問題の解決に向けた活動を、私はその場所から発信していきたいと思っています。

強い力をお持ちの青不動明王にお参りいただき、それぞれ皆さんの諸願成就を念じていただくことに加え、3月11日を迎えるに当たって、このようなことにも思いを込めて今日の護摩供で願っていただきたいと思います。

慈晃拝。

カテゴリ: 門主のお話 | 2012年03月08日 | No Trackbacks

コメント一覧

関東からのお客様で青蓮院のライトアップについての意見が寄せられました。
近年の「花灯路」の演出を私も拝見いたしまし新しい感覚と思っておりましたが、中には京都らしくないという意見も聞いておりました。意見を寄せられた方からは、光心堂で扱っている光心砂・夜光砂をなぜ使わないのか・・・、ということでした。
光心堂の光心砂は庭園用に開発したものです。自然光で蓄光して暗くなればその自発光が朝まで観ることができます。
ホームぺージをご参照ください。
自然に優しいエネルギーを観ることができる砂です。2年前の花灯路では二尊院枯山水で使い幻想的な庭を観賞していただきました。
僭越ながら、観光客の方のご意見から、省エネと安らぎの働きを持つ光心砂をご紹介させていただきました。

光心堂|2012年04月04日

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=194

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ