青蓮院ブログ

トップ > 門主のブログ > 11月護摩のお話し

11月護摩のお話し

みなさん今日は。
ようやく京都の紅葉が見頃になってきました。
3連休の中の日もあって、京都中が大賑わい。人出はこの秋一番になったようです。交通渋滞でお詣りの方が大分遅れてこられました。ご遠方からのお詣りの方には大変ご苦労様でした。そのような中でお詣りいただき本当にありがたく思っています。
京都大学の山中伸弥先生が、21日まさに世界中を驚かせたノーベル賞級の研究成果を発表されました。
皆さん既に各種報道によってご承知のように、人間の皮膚等の通常の細胞から、ES細胞を作ることが可能になったとのことです。まさに夢ののようなことが現実になったわけです。自分の皮膚等の細胞から、心臓とか神経や骨といったあらゆる種類の細胞をつくることができるとのことで、いままでは生殖細胞つまり受精卵から取り出すことしかできなかった為、倫理上の大きな問題があったわけですが、この難問が一気に解決できることになりました。
しかもこのような大研究を日本人が成し遂げた訳です。こんなにうれしいことはありません。
世界中がこの最先端の研究に凌ぎを削っていたそうです。また山中先生のご研究を突破口として、今後は不可能であった病気の治療に革命的な進展が期待できるとのことです。
しかしながらこの大研究は、倫理上の問題は解決したわけですが、生命の根源に関わる大きな問題を内在しているように、私は感じています。
漠然とした思いですが、この研究がさらに発展していくと、私は恐らく将来は人間のあらゆる部分が再生可能になるのではないかと思いました。脳細胞もどんどん替えて、その他身体全体がいつもみずみずしい若い細胞に取り替えが可能になるのではないか。つまり将来人間の寿命が永遠になることもあり得るのではないか。
生命、寿命について、色々な説があると聞いています。細胞は新陳代謝で常に作り替えられていますが、老いには勝てないのが宿命です。つまり細胞分裂の中にタイムマシーンが隠されていて限界を超えられない。細胞には宿命的な老いと寿命がある。そのメカニズムはまだ解明されていないそうです。今回の山中先生の大研究はこの問題に大きな風穴を開けたのではないかと思いました。
人間の欲望は限りが無く、何もかも思ったことを可能にしてしまうのではないでしょうか。
その一つの例が原子力を利用することを発見し、利用の仕方の最悪の到達点が原爆、水爆であったわけです。原子力は平和利用すれば、クリーンエネルギーですが、広島長崎の悲劇は現実のものです。
仏教は限りない人間の欲望をどのように抑えコントロールするかを教えています。
また与えられたものを受け止める、つまり受容することを説いています。いかんともしがたいものを素直に受け入れた上で、生かされていることを自覚する。生老病死の苦しみと真っ向から対立せずに、それぞれの苦しみを受け止めた上で、別に生かされている自分を見つけていくことだと思います。
生命の根源や謎を解き明かして、そこに能動的に立ち入り欲望の赴くままに人為的な作用を及ぼしていくことに対して、漠然とした不安を感ぜざるを得ません。
願くは、今回の山中先生のご研究が、世界中の研究者によって発展していく時に、原爆水爆のように悪用されずに、貪欲を抑え、節度ある利用方法のもとで人類の幸福に役立つものに進んでいって欲しいと思います。
ご感想をお寄せ下さい。
12月の納め護摩は12月24日(月)午後2時からお勤めします。
ご祈祷料がいりますがどうぞお気軽にお誘い合わせお詣り下さい。 慈晃拝。


カテゴリ: 門主のお話 | 2007年11月25日 | No Trackbacks

記事一覧へ戻る

コメント投稿





トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://www.shorenin.com/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=28

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
<<   2017年12月   >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

青蓮院のご感想はこちら

カテゴリ別メニュー

最新記事

アーカイブ

検索

ページトップ